« 雨の降る日に | トップページ | オバマもオバカではなかったようだ »

2013年6月13日 (木)

金融が荒れとる

米国債、今秋にデフォルト危機も…議会予算局

米議会予算局(CBO)は11日、連邦政府の借入枠である法定上限を引き上げなければ10~11月に資金繰りが行き詰まり、米国債は債務不履行(デフォルト)の危機に陥るとの予測を公表した。

債務上限は現在16兆6990億ドル(約1603兆円)で、すでに5月半ばに上限に達している。

米財務省は年金基金への投資を一時停止するなど、非常措置による資金繰りで、国債の元利払いが出来なくなるデフォルトをしのいでいる。

財務省は議会に対し、速やかに債務上限を引き上げるよう要請しているが、財政再建問題に対する与野党の対立は深く、早期に解決するメドは立っていない。

(読売新聞)

最近の金融の荒れ具合といい、世界各国の国債金利の上昇といい、世界金融が崩壊に向かっている事には変わりはないようですな。

77545 問題はいつ・どの国を発端に世界金融危機(金融崩壊)を起こすかなのです。

どの国も限界ギリギリでの国家財政運営でございます。

何かをきっかけに金融大崩壊を起こす事は避けられないと思うのですよ。

信用の上に成り立っている紙っぺら(紙幣)。

何時の日か紙幣が便所紙になる日がくると心すべし!

« 雨の降る日に | トップページ | オバマもオバカではなかったようだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

昨年末よりの株高、急落。実態株は経済と全く関係ないところで、大量資金により操作されて上げたりさげたりいるイカサマ賭博場。たとえば東京電力株が、事故後120円ぐらいまで一気に落ち、国から3兆円以上も投入され、それでもどうにもならないそんな破産会社が一時は800円もつけ、急落後の今でも500円からついている。本来株主イコール会社なんだから、株主であることは原発事故責任を一人ひとり負うことなのに、今の東京電力にこんなに株価がつくこと自体、おかしな話です。本来東京電力株なんて0円か限りなくマイナスか一旦倒産だと思うんですがね。

>逃げられない日本人 さま

現に倒産と同じ状態にある東電に価値など無いはずなのですが・・・・。

裏で蠢く大きな力を感じずにはいられません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57580973

この記事へのトラックバック一覧です: 金融が荒れとる:

« 雨の降る日に | トップページ | オバマもオバカではなかったようだ »