« マウスの血液一滴からクローンね・・・ | トップページ | このアイスは美味い! »

2013年6月28日 (金)

N惨社

残価設定ローンで買ったN惨社の「おもてなし」。

返済期限の5年目が近づき、車の査定にセールスが来たのデス。

ワタシがお宅に返すと言っているのに、「他の買取に声をかけたら・・・・」としつこく言ってくるのデス。

もう嫌や!N惨社!!

84443

« マウスの血液一滴からクローンね・・・ | トップページ | このアイスは美味い! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

謹啓、プリンス自動車の救済を住友銀行から持ちかけられたトヨタは以前に融資を拒絶された確執から拒否、日本銀行の一万田尚人総裁の愛人の口添えにより日本興業銀行の中山素平頭取が日産自動車との合併を成し遂げました。プリンス自動車のエンジン設計は卓越しサファリラリーで日産ブルーバードが優勝。水戸出身の川又克二社長が命名したのがセドリック、フェアレディ、ブルーバード、バイオレットでした。ブルーバードはオーバーヘッドカムシャフト、四輪独立懸架、対するコロナはオーバーヘッドバルブシャフト、非独立懸架のサスペンションで川又社長は「ブルーバードが売れないとしたら営業下手か消費者が見る目が無い」と宣言されました。結果はスタイリング重視のコロナの圧勝でした。世界記録を塗り替えたニッサンR380はエンジン性能、全てにおいてトヨタ2000GTを上回り技術の日産の評価を打ち立てました。敬具

日産はGTRなど、車好きの車マニアには受けがよかったようですが、一般人向けの車はトヨタの同クラスより日産はパッとしないと個人的には思っています。

クラウンは品格を感じましたが、セドリック、グロリア選ぶ人達の気持ちはよくわかりませんでした。

マークⅡ よりローレル選ぶ人の気持ちも理解できませんでした。

20~30代スカイラインGTターボ、30~40代セフィーロツインカムターボ、50代~クラウン。
クラスもそれぞれ違いますが、日産は故障は多いし、修理は高いし、なんと言っても社員教育がトヨタ系列と雲泥の差で、からっきしだめでした。

トヨタ系列はどこ行っても大変気が利いていますよ。

日産は6店舗ほど付き合いましたが、全て落第。

ゴーン氏が来る前の潰れかけたころの日産が一番ひどかったですね。

昭和40年代ころは、日産もよかったのかもしれませんが、その頃は車と縁がなかったので私はわかりかねます。

会社の信頼性はやっぱり社員の対応に表れると思います。

私は二度と日産にもどることはありません。


コメント覧の見解がわかれてしまい、すみません。あくまで私が体験した狭い世界での話ですので…。あしからず。

>高貴なる野蛮人 さま

こんにちわ。

確かに日産の技術は一目ところがあります。
名車と言われるものも何台かありますからねぇ。

ワタシ的には販売店の教育で一部なっていないところがあると思っています。

全てではないのですが、ワタシの地元のディーラーで地元自動車屋サンが付き合いをやめるところがあったりするものですから・・・。

個人的な感覚なのだとは思いますが・・・・・。


>逃げられない日本人 さま

今付き合っている販売店は×五つレベルなのですが、前に付き合っていた販売店はまぁまぁだったのです。

販売店内の社内教育によっても、お客の受ける感覚は違ってきますからねぇ。

ワタシ達はハズレだったんでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57682785

この記事へのトラックバック一覧です: N惨社:

« マウスの血液一滴からクローンね・・・ | トップページ | このアイスは美味い! »