« 今度の参院選で民主党はトドメを刺されるだろう | トップページ | 蓮の花は佛の花 »

2013年7月10日 (水)

吉田元所長 逝去二思フ

門田隆将氏「日本救う使命果たした」

吉田昌郎元所長らに取材し、福島第1原発事故のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」を執筆したジャーナリスト、門田隆将(りゅうしょう)氏

「この日本を救う役割、使命を負って生まれ、それを果たしたことで去っていってしまったのではないか。

官僚主義的と批判される東京電力の中でも破天荒なタイプだった。

取材時も『隠すことは何もない』と全て赤裸々に語ってくれたのが印象深い。

 全電源喪失という絶望的な状況でも、次々とアイデアを出し、原子炉を冷やす水のラインを数時間のうちにどんどん大きくしていった。

リーダーシップだけでなく、技術や機械にも詳しいオールマイティーの人。

部下たちからも信頼が厚く、『吉田さんじゃなかったらだめだった』と口をそろえていた。

私たちは、事故当時に吉田さんが福島第1原発にいたことを感謝しないといけない」

(産経ニュース)

まずもって吉田元所長の御冥福をお祈りいたします。

合掌

*************************

昨日このニュースを聞いたとき、喪失感のようなものを感じたのはワタシだけではないでしょう。

彼は、あの福島第一原発事故で起こったことを、時系列で正確に把握している人の中でも頂点の人でございます。

それだけに逝去されてしまったことは、今後の福島第一原発事故を検証するする際、大きな痛手となるはずです。

あの時、現場では何が起こっていて何をしたのか・・・・・。

たぶん闇の中に葬りされられてしまうでしょう。

彼の死に対して大きな力が働いたんではないか?と下衆の勘繰りをしたくなってしまいます。

本当に残念です。

« 今度の参院選で民主党はトドメを刺されるだろう | トップページ | 蓮の花は佛の花 »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

彼も原発犠牲者のひとりでしょうね。

本部との緊迫したやりとりの一部が印象的でした。

「海水注入します!」

本部…海水注入嫌がる…。

我々日本人の健康面の将来の姿を、身を持って示され、旅立たれたのかと思わされます。

合掌

>逃げられない日本人 さま

彼の死は本当に残念でございます。

日々聞こえてくる汚染拡散のニュース。
福島原発事故に関して明るいニュースがないのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57761413

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田元所長 逝去二思フ:

« 今度の参院選で民主党はトドメを刺されるだろう | トップページ | 蓮の花は佛の花 »