« 屑マスゴミの頂点やな | トップページ | 当局のコメントほどあてにならないのでは内科医? »

2013年7月 6日 (土)

福島原発事故処理・・終いに人がいなくなる

作業員431人で被ばく増=計算見直し、福島第1―厚労省

 厚生労働省は5日、東京電力福島第1原発事故で緊急作業に従事した作業員の内部被ばく線量について、東電と元請け事業者で計算方法が異なっていたため、一部を見直したと発表した。431人で被ばく量が平均5ミリシーベルト増え、中には48.9ミリシーベルト増えた人もいた。見直しによって、被ばく限度の100ミリシーベルトを超えた人は6人いた。

 第1原発では2011年3月の事故直後から同年12月までに、約2万人が作業した。厚労省がうち479人の被ばく量を見直したところ、データの取り違えなどミスがあった29人を除く450人のうち、431人で被ばく量が増え、19人は減少した。

 内部被ばくを調べるには、ホールボディーカウンターと呼ばれる計測装置が必要だが、事故直後は台数が足りず、代わりに推計した時に東電と元請けで方法が異なっていたという。 

(時事通信社)

71245作業員のずさんな管理をしてると、終いには現場作業員がいなくなってしまうぜ。

現在の東電において、一番尊い人は福島第一原発の事故現場で作業する人達でっせ。

経営サイドでもワイシャツ着て各支店・営業所に勤めてる奴でもないのデスよ。

ニッポンの運命は現場で必死に働く作業員の皆さんにかかっているのですよね。

こういった人達を東電がしっかりと管理して、怪しい業界人に給料がピンハネされないように管理して、対価を本人に直接届くようにして欲しいですな。

経営サイドやワイシャツ組は日給1万円でイイよ。

作業員には日給10万円。

彼らにはそれくらいのありがたい価値があると思いますよ。

« 屑マスゴミの頂点やな | トップページ | 当局のコメントほどあてにならないのでは内科医? »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

東電役員、社員、社内年金受給者は、作業員より日給たくさんのもらってはいけません。

東電社員、OBのためだけの東電病院は、福島の被曝者、作業員のための専属病院にすべきです。

汚染水も相当漏れているようなので、そのうちに立ち入れなくなりそうですね。

そうなったら、完全にお手上げ状態です。

謹啓、超法規的に死刑囚に死刑執行の猶予期間を賦与し承諾した者を廃炉作業に従事させて欲しい心境です。原発村の酋長や菅直人、枝野幸男も作業現場にぶち込んでやりたい心境です。敬具

>逃げられない日本人 さま

現在進行形の汚染水漏れが現在の一番の懸念事項ですよね。
福島の海、東北太平洋沿岸の海、関東沿岸の海が死んでしまいます。


>高貴なる野蛮人 さま

先陣切って事故現場に行かなければならない奴は国政にも沢山いそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57733683

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故処理・・終いに人がいなくなる:

« 屑マスゴミの頂点やな | トップページ | 当局のコメントほどあてにならないのでは内科医? »