« 週末の神社仏閣巡り(滋賀県・福井県) その2 | トップページ | 汚染水とうとう海へ »

2013年7月24日 (水)

週末の神社仏閣めぐり(滋賀県・福井県) その3

Ncm_0200 その後、福井県に向かいまして、たどり着いたのが『永平寺』。

大晦日の犬HKの『ゆく年くる年』の雪の永平寺での除夜の鐘が有名でございますな。

ここは曹洞宗の大本山。

この石の柱は茨城県の稲田石で作られています。

中国623でなくて良かったとホッと胸をなでおろした次第です。猛爆!

5メートル近くはあろうこの柱。

Ncm_0174_2 まずは腹ごしらえでございます。

山門前にある「てらぐち」にて、永平寺そばをいただきました。

簡単に言えば「ぶっかけざる蕎麦」。

山門前だけあってか胡麻豆腐も美味かったです。

Ncm_0179 基本、参拝者の入り口は一箇所で、そこで拝観料を支払って境内の中に入ります。

まずは今どきの建物中に靴を脱いで通され、修行僧(だとおもう)から永平寺についての説明を10分ほど聞いて、永平寺内の建物を巡ります。

永平寺内は全て板廊下で繋がっていて、靴を脱いだままで

各場所を見て回る事が出来ます。

Ncm_0188 大きな境内、建物にもかかわらず、ココもゴミひとつ落ちていません。

素晴しいなぁ~ニッポンは!!

あちこちゆっくりと見て回ると2時間はたっぷりかかりますな。

ワタシも時間があったので、ゆっくりと見て回りました。

ココで子供の受験お守りなどを買い求めて永平寺を後にし、1泊2日の神社仏閣めぐりは終わりです。

けっこう内容の濃かった旅でございました。

« 週末の神社仏閣巡り(滋賀県・福井県) その2 | トップページ | 汚染水とうとう海へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

格調高い旅でございましたね。
世間の巷では参院選とやらで、事前予想どおり自民党の圧勝でございます。というより相手のいない不戦勝という感じでした。

民主党は44→17に激減。しかし巷の感想はよくまぁ17もとりおったなぁ…でございます。

全国800万人と言われる、労組の組織票だけにそぎ落とされたのでしょう。

福島も福井も、原発反対などと叫んでも、結果は自民党に。
これも、対戦相手になるまともな党がないのでは、話になりません。

一人気を吐いている山本太郎氏には、是非吠えまくっていただきたいものです。

東京人の見識はなかなかのものです。

イギリスでは王位継承権のある子が誕生。

日本では、八つ墓村のごとき事件が勃発。

明日も無事に太陽拝みたいものです。

>逃げらんない日本人 さま

おはようございます~

久しぶりの一人旅でございました。
集団行動よりも個人行動を好むワタシとしては、楽しい旅でございました。

話は変わりますが、福島3号機がやばそうですね。
東電のインフォメーションよりはるかに悪い状態だと推測できます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57855297

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の神社仏閣めぐり(滋賀県・福井県) その3:

« 週末の神社仏閣巡り(滋賀県・福井県) その2 | トップページ | 汚染水とうとう海へ »