« ワタシの飛び道具 | トップページ | 東北関東太平洋沿岸の魚はもうアカン »

2013年8月22日 (木)

漫画『ドカベン』を思い出した

花巻東小さな2番打者千葉、憧れの先輩に真似たプレースタイルも審判部から注意

 156センチの小柄な体をさらに小さく丸め、ファウルで粘って出塁-。身長を生かした打撃スタイルで甲子園球場を沸かせ、花巻東をベスト4まで導いた小さな2番打者、千葉翔太選手(3年)。21日の準決勝を観戦していた花巻東のOBたちは、千葉選手のプレーに「涼平さんを思い出すな」とつぶやいた。

 4年前の第91回全国高校野球選手権大会で、ベスト4まで勝ち進んだ菊池雄星投手(現、西武)を擁する花巻東ナインの2番打者、佐藤涼平さんのことだという。

 佐藤さんは千葉選手よりも小さい155センチで、同じ2番打者で中堅手。小さなその体を目いっぱい小さくし、ストライクゾーンを狭める打撃スタイルまでそっくりだ。それもそのはず、千葉選手は、佐藤さんに憧れ、同じ花巻東の門をくぐったという。

 19日の準々決勝の鳴門戦、千葉選手は相手投手に41球を投げさせ、5打席で1安打4四球と、チームの勝利に貢献。しかし、試合後に大会審判部からの注意を受け、準決勝は、相手投手に投げさせた球数は4打席でわずか10球。4打数無安打と結果を出せなかった。

 「甲子園への遺言」など野球に関する著作が多いノンフィクション作家、門田隆将さんは「千葉選手の活躍は全国の体の小さな選手に勇気とやる気を与えたはずだ。自分の創意と工夫でレギュラーを勝ち取り、甲子園の土を踏んだ希望の星」と活躍を称賛。その一方で、大会審判部の対応について「そのプレースタイルは、誰もができるものではなく、一生懸命努力して会得したもの。高野連はその努力が分からないのか。希望の芽を摘もうとしている」と批判した。

(産経ニュース)

花巻東の千葉選手のプレイには、思わずニヤリとしてしまったんですがねぇ~

昔に読んだ漫画『ドカベン』を思い出したんですよ。

こういった個性のある選手をつぶしてしまう高野連。

本当に残念ですよ。

猛暑だったから審判も早く終わらせたかったんと違う?

長身の選手がほとんどの中、身長の低い千葉選手は相当の努力をしたと思いますよ。

だって甲子園に出てくる高校って、地元ではハンパない選手の集団ですからねぇ~

彼の努力を水の泡にさせてしまった高野連ってナニ?

8484

« ワタシの飛び道具 | トップページ | 東北関東太平洋沿岸の魚はもうアカン »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58039617

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画『ドカベン』を思い出した:

« ワタシの飛び道具 | トップページ | 東北関東太平洋沿岸の魚はもうアカン »