« 桃が我が家にやってきた | トップページ | リモワ トパーズを買ってやったぜぃ »

2013年8月 8日 (木)

目先の金より孫子の命

「日本語で聞くと仏語で返事」 新潟知事、東電と深い溝

柏崎刈羽原発の「再稼働申請」を巡る新潟県の泉田裕彦知事と広瀬直己・東京電力社長の再会談の調整がつかない。7月の会談から1カ月以上たち、柏崎市と刈羽村による申請容認を受けて東電は改めて会談を申し込んだが、めどは立っていない。

 「日本語で聞くと、フランス語で返ってくる」。泉田知事は6日、東電との調整を、そう表現した。どんな議題を話し合うか、事務レベルで文書でのやり取りを続けているが、「トップで話し合うところまでたどり着いていない」という。

 知事は7月5日、広瀬社長に、原発内でつくっているベント設備について県の事前了解を得ることになっているはずだと指摘し、了解なしに申請しないよう迫った。その後、県側が「安全協定に基づいて事前了解を得るという約束を守るのか」もただしていることもあって、ベント設備や申請方針を説明したい東電とかみ合わないようだ。

 県幹部の一人は7日、「東電に着地点の絵を描けている人がいないのでは。どうなるかわからない」と話した。

(朝日新聞デジタル)

新潟県方面に住まう皆サンも、現知事が泉田サンのような若く良い感性をお持ちの方で良かったですねぇ~

昔の爺サマ知事の時代のような利権にドップリと浸かってしまうような知事サンだったら、こうはいかなかったでしょうね。

県民のことを考えてるよ泉田サンは・・・・・。

どうせ東電はメチャクチャな事しかしないだろうから、ここで踏ん張ってほしいところですね。

086 『目先の金より孫子の命』

素晴しいじゃぁ~あ~りませんか!!

熱烈支持申し上げ候。

« 桃が我が家にやってきた | トップページ | リモワ トパーズを買ってやったぜぃ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

目先の甘い汁などしれている。福島の惨状みれば一目瞭然ですよね。東電もこの場に及んで、再稼働云々などとよく口にできるな。福島の宿題きっちり済ませてからにしてよ。

>逃げられない日本人 さま

東電のインフォメーションは一切信用ならんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57950184

この記事へのトラックバック一覧です: 目先の金より孫子の命:

« 桃が我が家にやってきた | トップページ | リモワ トパーズを買ってやったぜぃ »