« 嗚呼! | トップページ | 動くか?中国 »

2013年8月17日 (土)

残念な「はだしのゲン」

<はだしのゲン>松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」

 漫画家の故中沢啓治さんが自らの被爆体験を基に描いた漫画「はだしのゲン」について、「描写が過激だ」として松江市教委が昨年12月、市内の全小中学校に教師の許可なく自由に閲覧できない閉架措置を求め、全校が応じていたことが分かった。

児童生徒への貸し出し禁止も要請していた。出版している汐文社(ちょうぶんしゃ)(東京都)によると、学校現場でのこうした措置は聞いたことがないという。

 ゲンは1973年に連載が始まり、87年に第1部が完結。原爆被害を伝える作品として教育現場で広く活用され、約20カ国語に翻訳されている。

 松江市では昨年8月、市民の一部から「間違った歴史認識を植え付ける」として学校図書室から撤去を求める陳情が市議会に出された。

同12月、不採択とされたが市教委が内容を改めて確認。「首を切ったり女性への性的な乱暴シーンが小中学生には過激」と判断し、その月の校長会でゲンを閉架措置とし、できるだけ貸し出さないよう口頭で求めた。

 現在、市内の小中学校49校のうち39校がゲン全10巻を保有しているが全て閉架措置が取られている。

古川康徳・副教育長は「平和教育として非常に重要な教材。教員の指導で読んだり授業で使うのは問題ないが、過激なシーンを判断の付かない小中学生が自由に持ち出して見るのは不適切と判断した」と話す。

 これに対し、汐文社の政門(まさかど)一芳社長は「原爆の悲惨さを子供に知ってもらいたいと描かれた作品。閉架で風化しないか心配だ。こんな悲しいことはない」と訴えている。

 「ゲン」を研究する京都精華大マンガ学部の吉村和真教授の話 作品が海外から注目されている中で市教委の判断は逆行している。

ゲンは図書館や学校で初めて手にした人が多い。機会が失われる影響を考えてほしい。

代わりにどんな方法で戦争や原爆の記憶を継承していくというのか。

 教育評論家の尾木直樹さんの話 ネット社会の子供たちはもっと多くの過激な情報に触れており、市教委の判断は時代錯誤。「過激なシーン」の影響を心配するなら、作品とは関係なく、情報を読み解く能力を教えるべきだ。

ゲンは世界に発信され、戦争や平和、原爆について考えさせる作品として、残虐な場面も含め国際的な評価が定着している。

(毎日新聞)

「はだしのゲン」が貸し出し禁止ですか・・・・・。

残念ですな。

何が残念って、こういった判断を下した大人たちに対して残念な思いです。

はだしのゲンに中には被曝に関しての刺激的な描写もあります。

543 ワタシ的な下衆の思考回路としては、親御サンの中に電力会社関係がいるとか、公的機関の関係とか、原発利権のおこぼれに預かりたいといった輩が言い出したんではないのか??とも勘繰りたくもなりますな。

何年も問題もなく閲覧させといて、原発事故がおきたら問題を提起する。

なんかおかしいな。

どこかの大きな勢力が働いたんとちゃいますか?(可能性)

本当におバカな大人が増えたモンですよ。

それが教育委員会だからねぇ~

子供が問題を起こし子供をとやかく言う前に、まず教育委員会(オトナ)の腐った思考回路から再教育しないといけませんな。

« 嗚呼! | トップページ | 動くか?中国 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58007309

この記事へのトラックバック一覧です: 残念な「はだしのゲン」:

« 嗚呼! | トップページ | 動くか?中国 »