« 中国・シャドーバンクを徹底調査???? | トップページ | 先生ばかりが悪いんじゃない »

2013年8月 1日 (木)

正念場を迎えつつある福島第一原発事故処理

危機的状況に陥り始めた福島原発

福島原発の地下水が上昇してきており、このままいけば地下水が地上にあふれ出し、福島原発が高濃度汚染水で水浸しになる事態になりかねないとも言われており、事態は緊迫してきています。

原子力規制委員会の田中俊一委員長は、『東電は危機感がまったくない』と非難すると同時に、汚染水問題は『深刻で、切迫している』とも述べています。

<報道一>
**********************************

地下水位上昇、報告遅れ=規制委員長「東電、危機感ない」-福島第1の汚染水流出


東京電力福島第1原発の放射能汚染された地下水が海に流出した問題で、東電が29日に開かれた原子力規制委員会の検討会の際、地下水位が上昇しているデータを把握しながら報告していなかったことが31日、分かった。規制委の田中俊一委員長は同日の定例会合で、「東電は危機感がまったくない」と非難した。

規制委によると、29日午前に開かれた同原発の収束作業をめぐる専門家検討会で、東電側は地下水位を基準点から2.5メートル上まで来ていると説明。この水位を前提に、汚染された地下水の漏出防止が議論された。

ところが、東電は同日夕方の会見で、水位上昇の値を2.8メートルと説明。午前中に把握しながら規制委に報告はなく、事務局の原子力規制庁の担当者は翌30日午前に東電側に問い合わせて、地下水位の上昇を確認した。
 規制庁に対し東電側は、資料の整理が終わっておらず「タイミングを逸した」と説明したという。

**********************************

<報道2>

**********************************

福島第1原発、汚染水問題「深刻で、切迫している」=田中規制委員長


東京電力福島第1原発で放射能汚染水が増加し続けている問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は31日、定例会見で「かなり深刻で、切迫している」と述べた。
 
田中委員長は「汚染されていない水を捨てる了解をいただかないと、原発の後始末は不可能」とし、放射性物質濃度が基準値以下の水は海洋放出が必要との認識を改めて示した。東電に対しては「必死になって頼む姿勢が足りない」と述べ、引き続き漁業関係者らを説得するよう求めた。

同原発では汚染された地下水が海へ流出していることが判明し、東電への不信感が高まっている。汚染前の地下水の海洋放出にめどは立っていないが、田中委員長は「(海へ)捨てさせてくださいと言うのは私たちの仕事ではない」とも語った

**********************************

(Nevada)

何度も書いていますが、隠蔽企業の王様『ザ・東電』に原発事故処理を任せるのは無理なのです。

それに加え、田中原子力規制委員長も「ワタシ達の仕事ではない・・・」などと悠長な事を言っていないで、「国民の皆様、原子力規制委員会からもお願いします・・・・」くらい言ってもいいだろうよ。

『ザ・東電』も『原子力規制委員会』も結局の所、他人事論議なんですよ。

ワタシ的に言えば、今回の事故処理は、世界各国の原発・原子力に精通したブレーンを日本国が高給で招きいれて、事故処理対策にあたるしか道はないと思いますよ。

責任の所在も曖昧、利権だけに群がる現在の日本の福島原発事故処理の現状では、日本を回復不可能な大地にしてしまうだけでなく、北半球の各国に迷惑をかけてしまうことになります。

IAEAだっけ?

ああいった機関が、『日本には福島原発の事故処理は無理だから、世界各国の原子力の権威の方々は、日本の未来ではなく、地球を守る為に福島を目指してください・・・』くらいの事を言って欲しいモンですな。

35665 ニッポンには原発事故処理は無理やで・・・・・。

作業員の1日の労働から1本の鉛筆まで利権が絡んでいるような現状ではねぇ~

そもそもニッポンに原子力行政自体が無理やね。

« 中国・シャドーバンクを徹底調査???? | トップページ | 先生ばかりが悪いんじゃない »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

水位上昇は液状化現象を招き建物自体が不安定になることも気になりますね。

もうメチャクチャですから、いつお手上げと投げ出すか、そんな日も遠くないような気がしてきました。

ヤレヤレ

謹啓、笠間市の理髪店の親父は「頭に来て福島原発が破滅して日本政府が破綻すれば滞納した税金も踏み倒せる」と自暴自棄になって居ります。
使用済み核燃料が発火したら暴動に至ると存じます。敬具

>逃げられない日本人 さま
>高貴なる野蛮人 さま

おはようございます。

毎日毎日、福島原発事故のことを考えながら生きていくのはしんどいですよね。

ワタシなどは半世紀生きたからいいけど、今の子供達やこれから日本に生まれくる子達は、今後50年、60年、70年、80年、90年と長い間、放射能汚染のことを考えながら生きていかなければなりません。

とんでもない負の遺産を残してしまった今の大人達は何かしらの責任を負っても仕方ないと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57905330

この記事へのトラックバック一覧です: 正念場を迎えつつある福島第一原発事故処理:

« 中国・シャドーバンクを徹底調査???? | トップページ | 先生ばかりが悪いんじゃない »