« 漫画『ドカベン』を思い出した | トップページ | TPP 物言えぬ政府に何が出来る »

2013年8月22日 (木)

東北関東太平洋沿岸の魚はもうアカン

セシウム・ストロンチウム海洋漏出 管理値の100倍超

 東京電力福島第一原発から放射性物質が海へ漏れている問題で、東電は21日、2011年5月以降、海に漏出した放射性セシウム137は最大で20兆ベクレル、放射性ストロンチウムが10兆ベクレルに達するとの試算を公表した。東電が自らに課した年間放出管理値の100倍以上に当たる。

 東電は、事故発生当初に高濃度汚染水が海に漏れた後、ルートとなった立て坑などをふさいだ11年5月から現在までの850日間、流出が続いていたと仮定。海水の放射性物質濃度の平均値や、地下水と海水が行き来する割合などから試算した。

 これとは別に、汚染監視用の井戸で計測された地下水の放射性物質濃度と、地下水の海への流出量を基にした試算では、セシウムが最大で3億ベクレル、ストロンチウムが2000億ベクレルだった。

 東電は、二つの試算結果が大きく食い違うことから、海への汚染は、地下水を通じたものだけではなく、海側のトレンチ(地下トンネル)から高濃度汚染水が直接、海へ漏れ出している可能性があるとの見方を示した。

 東電は、原発専用港の外へは汚染は広がっていないとの認識を示しているが、遮へいされにくい放射線を発するセシウムや、骨などにたまりやすいストロンチウムは害が大きく、漁業への影響も大きい。海洋汚染の深刻さがあらためて浮き彫りになった。

(東京新聞)

>>東電が自らに課した年間放出管理値の100倍以上に当たる。

隠蔽会社「ザ・東電」のことから考えれば、今までのインフォメーションの狡賢さからいって、100倍どころの話ではなく10000倍とか1000000倍とかになると思いますよ。

コレあたりが正しい数値でしょうね。

10000000000倍って事もありえるな。

だって隠蔽会社のインフォメーションですから・・・・・。

東北関東太平洋沿岸の魚を食ったらアカンとちゃうの?

海流の影響もあるから、一概に何処とは言えないんだろうケド。

いずれにせよリスクを覚悟して口に入れるって事になりそうですな。

ワタシも地物の魚が大好きな茨城県人でございますよ。

危険地帯の住民でございますよ。

ひたちなかお魚センターにも行きたいし、小名浜港付近の海鮮料理店にも行きたいのデス。

7774 行きたいけど・・・・・・。

汚染を気にして食べてるんじゃぁ~食った気がしないよね。

地物が食えなくては、何処のお店に行っても同じですわ。

ため息しか出てこない今日この頃でございます。

« 漫画『ドカベン』を思い出した | トップページ | TPP 物言えぬ政府に何が出来る »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

生魚食べると、血流が明らかにスムーズになって調子いいんですけど…。

だけど好きなサバ寿司、マグロ、カツオの叩き食べ続けて大丈夫なんかいな?と思ってしまいます。

ノルウェーサーモンなら大丈夫かな?などと思ったり。

ひろさんも地元産が不安になるのはつらいですね。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ。

この歳になると、肉より魚、ケーキより和菓子でございますよ。

魚でも近海物の青魚(アジ・イワシ・こはだ・さんま・サバ)が好きでございます。

近海物が口に入りにくくなるのは辛いところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58039757

この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東太平洋沿岸の魚はもうアカン:

« 漫画『ドカベン』を思い出した | トップページ | TPP 物言えぬ政府に何が出来る »