« 盆暮れのお楽しみ(’76 D-45) | トップページ | 北海道常呂町の玉葱スープですよ »

2013年8月11日 (日)

安倍川餅!夏休みとってる場合じゃぁねえぞ!!

報道(中国外務省、“日本船が領海に侵入”と強烈な抗議)

日本政府の腰抜け外交で、とうとう尖閣諸島が事実上、中国領土になっています。
韓国に占拠された竹島と同じ事態を自民党が招いており、日本を取り戻すという、自民党の本当の意味が表面化してきています。

<報道>
*******************************

中国外務省、“日本船が領海に侵入”と強烈な抗議

中国当局の船が、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入し、7日から丸一日以上航行したことについて、中国外務省は、「中国の領海に侵入した日本の右翼の船に対する法の執行」と主張し、日本政府に強く抗議したことを明らかにしました。

中国外務省の洪磊報道官は8日、インターネットのホームページ上に談話を発表し、「日本の右翼の船1隻が7日、釣魚島の中国領海に不法に侵入した」として、「中国海警局は権益を守るため法を執行した」と主張しました。

周辺海域では当時、沖縄県石垣市議らの乗った漁船が航行していたとの情報があり、「右翼の船」はこの漁船を指しているものとみられます。

そのうえで、洪報道官は「日本政府に厳正な申し入れと強烈な抗議を行った」ことを明らかにし、「釣魚島は中国固有の領土で、日本側は一切の挑発的な言動をやめるべきだ」と、尖閣諸島をめぐる従来の主張を繰り返しました。

*****************************

実際の状況は、中国アモイ(台湾の向かい側)所属の海艦3隻が尖閣をブロックするような形で、「尖閣を守った」形になっているのです。
海上保安庁の船は遠くから見守っているというあり得ない対応をしており、更に自衛隊は?

もはや尖閣諸島は中国の実効支配がじわりじわりと進んでいると言え、今後、海艦により護られた中国人(事実上の軍人)が大挙して上陸した場合、日本政府は手出しできないはずです。

その時、日本は尖閣の領有権を失います。

(Nevada)

5783 『日本を取り戻す 自民党』???

『日本が持ってかれる 自民党』になっちまうぜ、安倍川餅よ!

夏休みが終わったら尖閣は中国領なんて事にだけはしないでくれよ。

尖閣は国営化された場所なんだから、しっかりと国家が防衛管理してもらわねえと・・・。

原発事故処理も後手後手。

物価は上がるだけ。

それでも国民はアンタを信じて「今が良い」ですと・・・・・

自民党も民主党と同じ””言うだけ番長””じゃぁ~国民は離れるだけでっせ。

行動できない政党に明日の日本は担えません。

本当に今の日本は戦後最大の危機なんだけどなぁ~

危機感あんの??自民党。

« 盆暮れのお楽しみ(’76 D-45) | トップページ | 北海道常呂町の玉葱スープですよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

謹啓、安倍総理の心理分析を中国当局は実施し喜怒哀楽をコントロール出来ない自己愛性人格障害、劣等感を隠す為に大言壮語、張ったりをかます小心者と評価している模様です。勢い付くと調子に乗る反面、苦境を乗り越える忍耐力、持続力に欠け挑発した後で平均株価を下げ揺さぶりを掛ける華僑の計画を側聞致しました。芸能人のコンサート、国民栄誉賞の授賞式、G8での日本食の宣伝、総理大臣の仕事は何なのか?と問い質したいですが馬鹿は死んでも直りません。中国バブルは崩壊しましたが中国4000年の歴史と13.5億人の国力を無視すると後で後悔致します。敬具

日本は排他的経済水域、世界第6位の大国です。

本土は37万平方キロメートルの小国ですが、南方の島々は緯度で言えばベトナムのあたりまで日本の領土は広がっています。
尖閣は失うと、これを突破口にこれだけではすまなくなります。次々に奪われます。

尖閣は毅然とした態度でしっかり守らなければなりません。

>高貴なる野蛮人 さま
>逃げられない日本人 さま

中国は必ず尖閣獲りにやってきます。

ワタシ的に言えば近いうちに必ず何かしらのアクションを起こすと見ています。

現政府はいつ中国が行動を起こしても、対処できる体制をとっているのか?
疑問でございますな。

獲られてからでは、二度と尖閣は日本の手には戻りません。
それが判っているのか日本政府。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57969049

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍川餅!夏休みとってる場合じゃぁねえぞ!!:

« 盆暮れのお楽しみ(’76 D-45) | トップページ | 北海道常呂町の玉葱スープですよ »