« そろそろ中国も引き上げ時 | トップページ | 韓チャン事務総長 »

2013年8月27日 (火)

ニッポン終末時計の針がまたまた進む

汚染水対策の強化指示=局長級ポスト新設―茂木経産相

茂木敏充経済産業相は26日、東京電力福島第1原発を視察後、「汚染水対策はモグラたたきのような状況。今後は国が前面に出る」と改めて強調した。

経産省に汚染水対策担当の局長級ポストを新設することを明らかにした上で、貯蔵タンクの汚染水漏出問題を踏まえ、東電にタンクの管理体制強化や水漏れしにくいタイプへの切り替えなど5項目を指示した。

福島県楢葉町の東電復興本社で報道陣に述べた。

東電に対しては他に、タンクの見回り強化や汚染水の放射性物質除去の加速、汚染水貯蔵に関するリスクの洗い出しを指示。

原発敷地内の土を凍らせて地下水の流入を防ぐ遮水壁など、緊急性があり技術的に難易度が高い対策は、予備費活用を含め財政措置も検討する考えを表明した。

指示を受け、東電の広瀬直己社長も復興本社で記者会見。

「必要な要員や機材を投入し、管理していきたい」と述べ、同日付で社内に汚染水・タンク対策本部を新設したと発表した。

タンクの運用強化や地下水分析など計15のプロジェクトチームを設置し、内外の専門家から助言を仰ぐという。

(時事通信)

>今後は国が全面に出る

379 と言っていたので期待したんですが、新たに人を寄せ集める場所を作ったり、東電に指示したり・・・・・。

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

基本、今までと何も変わらないのね。

結局、現場担当が『ザ・隠蔽企業 東電』じゃぁ~何も変わらないわ。

汚染水ダダ漏れ、隠蔽、隠蔽、隠蔽・・・・今までのまま。

これでまたニッポン終末時計の針が少し進みましたかな。

国家が現場に入らない限り、福島第一の悲惨な状況を改善していくのは無理でしょうね。

まぁ~今となっては国家でも無理の感がありますけどね。

間違いなく言えるのは、ニッポン終末時計の針がまた進んだと言う事でしょう。

« そろそろ中国も引き上げ時 | トップページ | 韓チャン事務総長 »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58073758

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン終末時計の針がまたまた進む:

« そろそろ中国も引き上げ時 | トップページ | 韓チャン事務総長 »