« 福島が揺れる度に原発が気になる | トップページ | おいおい!民主党 »

2013年9月20日 (金)

本当はニッポンが大好きな中国人

任天堂前社長の山内氏が死去=「彼こそゲーム界の父」「無限の楽しみを創造してくれた」―中国版ツイッター

2013年9月19日、任天堂前社長で、同社を世界的なゲーム機メーカーに育てた山内溥氏が、肺炎のため京都市内の病院で亡くなった。85歳だった。

山内氏は1949年、カルタやトランプを製造していた家業を継ぎ、丸福(現・任天堂)の社長に就任した。1983年に発売された家庭用ゲーム機・ファミリーコンピュータ(ファミコン)が大ヒット。「ゲームボーイ」「NINTENDO64」などのゲーム機や「スーパーマリオブラザーズ」などの人気ソフトも生み出し、任天堂を世界的な企業に育て上げた。

また、1992年には個人として米大リーグのシアトル・マリナーズに出資し、大リーグ球団のオーナーに就任したことでも話題を集めた。

この訃報は、中国ネットユーザーの間でも話題となり、「中国版ツイッター」と呼ばれる簡易投稿サイトには、その死を悼むコメントが多数寄せられている。以下は寄せられたコメントの一部。

「さようなら。私たちの生活を変えてくれた人」

「中国のパクリの歴史はファミコンから始まった」

「安らかに。ファミコンは私に最も影響を与えたゲーム機だった」

「たくさんの楽しみを与えてくれてありがとうございます」

「私たちのために無限の楽しみを創造してくれた山内さんに感謝」

「子どものころに良い思い出をたくさんもらった。どうぞ安らかに」

「彼こそ本当のゲーム界の父だ」

「山内さんが天に昇って、神様もゲームで遊べるようになるね」

「悪い知らせだ。日本ゲーム界の父が亡くなった。きっと天国にも任天堂ができるだろう」

「スーパーマリオは永遠に語り継がれる」

「Bダッシュ!Aジャンプ!マリオにはたくさんの命があったのに」

「80年代生まれの子ども時代について言えば、ファミコンはiPhone、任天堂はアップル、山内氏はジョブズのような存在だった」

(Record China)

上記の話題とは関係ないのですが、中国人って本当はニッポンの事が大好きなんじゃないかと思うのですよね。

反日→建前

親日→本音 って感じ。

先日、初来日した中国石材店の社長2名も、帰国まで興奮しっぱなし。笑

美味い焼肉屋に行って、焼肉を食べないで「日本の米は劇ウマ!!」。

米だけ食べてたなんて話。

ワタシが訪中する時には、日本の菓子類などの食品を多く持っていくのですが、誰にあげても「美味しい!!」と感動してくれます。

亀田のハッピーターン(軽いおせんべい)や甘納豆なんかは特に評判がいいのですよね。笑

日中関係を熱く語り合う時はあっても、基本親日なんだなぁ~と感じる事がほとんどですよ。

52452 「アナタ、ニホンジン、ウラヤマシイ・・・」と言われた事もありましたっけ。

相手の懐に飛び込まずして何を言うって事ですよ。

相手の懐に飛び込んでから結論を出してもいいと思うな。

« 福島が揺れる度に原発が気になる | トップページ | おいおい!民主党 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58231249

この記事へのトラックバック一覧です: 本当はニッポンが大好きな中国人:

« 福島が揺れる度に原発が気になる | トップページ | おいおい!民主党 »