« おまいら(民主党)に用はない | トップページ | 捕らぬ狸の皮算用 »

2013年9月15日 (日)

召集令状の時代がやってくるというのか?

昔は赤紙(召集令状)でしたが、これからは黄紙(廃炉作業員臨時召集令状)の時代がやってきてもおかしくないのかもしれません。

全国のママさん達へ、残念なお知らせ。

詳細は下記へ↓↓↓

http://ameblo.jp/mashiroryo/entry-11613293099.html

(服は真黒ですが、名前は真っ白です。)

002_2早かれ遅かれ、いずれ国家総動員でアクションを起こさざるを得ない時が来るのかもしれません。

国家はそれを見越して先手を打っていたのでしょうかね。

個人宛に政府とか各自治体からとか、黄色い放射能管理区域マークだったっけ?その印の入った黄色い封書が届く時が来てしまうのでしょうかね・・・・。

こういった現実を想像するだけでもチト怖い感じがしますな。

04_2

« おまいら(民主党)に用はない | トップページ | 捕らぬ狸の皮算用 »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

謹啓、一基しか原子炉が無かったチェルノブイリで80万人が必要なら福一では320万人が最低要件です。誰かが人柱にならなければ為りませんが
老い先短い年寄りから割り当てて頂きたいと存じます。敬具

これまでに原発推進してきた連中から随時突撃させて下さい。

特にいち早く海外逃亡した連中からよろしく。

>高貴なる野蛮人 さま
>逃げられない日本人 さま

おはようございます。

ワタシ達の世代が原子力行政を認めた訳ですから、後始末を若人だけにまかす訳にはいきません。

中高年も何かしらの協力をすべきです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58195182

この記事へのトラックバック一覧です: 召集令状の時代がやってくるというのか?:

« おまいら(民主党)に用はない | トップページ | 捕らぬ狸の皮算用 »