« 羨ましい企業の№1→東京電力 | トップページ | またニッポンは揺れるかも »

2013年9月30日 (月)

中国が世界の食料を買い占める

中国人がベトナムでエビを買占め、現地の産業に影響の懸念も―ベトナムメディア

2013年9月26日、ベトナム・ネットによると、中国人業者がベトナム各地で大量にエビを買い付けていることがわかった。27日付で環球時報が伝えた。

ベトナム水産物輸出加工協会(VASEP)によれば毎日約100トンの、また一部伝えられているところでは毎日約300トンあまりものエビが中国へ運ばれているという。ベトナム中部に位置するフーイエン省では、約10人の中国人業者がエビを買い付けている。彼らの買い付け価格は現地の海鮮加工会社よりも1キロ当たり1万ドン(約47円)高いため、大量買い付けが可能となっている。

ある現地の仲買業者が9月17日に同省で買い付けた価格は1キロ当たり15万ドン(約700円)だった。この現地業者は「数カ月前は1キロあたり10万~12万ドン(約470円~560円)だったのに、中国人業者がここへ来てからは、価格が吊り上げられた」と語る。以前は買い付けたエビをダナン市の海鮮加工工場へ卸していたが、現在は主に中国人業者に転売している状態だ。もしこれまでどおり現地企業に卸すと、1トン当たり1000万ドン(約4万7000円)の損失を被ってしまうのだという。同時に、中国人が値段を引き上げたため、エビ養殖業者への支払いをこれ以上安くすることはできない。あるエビ養殖業者は、買い手が誰であれ、最高値で買い取ってくれるところに売ると明かす。

フーイエン省のあるエビ製品加工輸出会社の責任者によれば、同社は2500ヘクタールものエビ養殖場を保有しているため、これまでエビ不足を心配したことはなかった。だが現在は原材料となるエビの多くが中国へ運ばれてしまい、輸出契約を満たせるか不安だという。「中国人は許可証もなく、納税の必要もないため高値で買っていく」。背景には、これまで最大の原料市場となっていたタイが今年はエビ不足となっているため、中国人業者がベトナムに流れてきたという事情がある。業界からはベトナムのエビ産業が打撃を受けるのではという懸念があがっている。

(Record China)

ちょうど午前中に、中国人の友人と中国の食糧事情の話をしていたんですよ。

東南アジアの米を中国がかなりの量を買い付けているという話をしていたんですよ。

中国国家は自国民を食わせる為に、少し高くしててでも食料を調達します・・・といっておりました。

中国国内においてもアレだけ広い国家でも、農業人口が減っていているし、農地が工業用地や住宅地にドンドン変わってるので、食料を大量に輸入しないと国家の食料需要を満たしきれないと言っておりました。

ソレくらいですから、どんな手を使ってでも食料調達に走るでしょうね。

食料調達の為なら何でもやりまっせ。

お隣サンは・・・・・。

11

« 羨ましい企業の№1→東京電力 | トップページ | またニッポンは揺れるかも »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58295162

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が世界の食料を買い占める:

« 羨ましい企業の№1→東京電力 | トップページ | またニッポンは揺れるかも »