« 中国アモイも放射線量が高かった | トップページ | やはり来た!肝をつぶすような地震 »

2013年9月 4日 (水)

軽減策は地獄の一丁目

フラット35、再び頭金なしOK 消費増税の負担軽減策

 国土交通省は2014年4月から、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」で住宅購入額の全てを借りられるようにする。今は9割までしか借りられないが、頭金なしで住宅を買えるようになる。消費税が上がると住宅需要が冷え込みかねないため、負担増を和らげて家を買う人を増やすねらいだ。

 フラット35は固定金利で最長35年間借りられる住宅ローン。全国の銀行などが窓口となり、実際の融資は国交省が全額出資する独立行政法人の住宅金融支援機構が行う。銀行などのローンに比べ金利が低く抑えられている。

 国交省は08年秋のリーマン・ショック後の経済対策として、09年6月から12年3月まで期間限定で融資の上限をなくし、全額借り入れを認めていた。今回は増税の影響に加え、人口減少や高齢化で中長期的にも住宅市場の先細りが懸念されるため、期限を設けずに上限をなくす。

(朝日新聞デジタル)

ワタシなんかより、はるかに頭の切れるとある銀行の支店長や副頭取、地元保険会社の社長などの話を聞くと、共通しているのは『これからの若者は大変な時代を生きていく事になる』という事なんですわ。

253 頭金も無しに住宅ローンなんて、ローン契約者を地獄の一丁目に立たせることになりはしますまいか?

どう考えても日本経済、世界経済は好転するとは考えられませんな。

現状維持が精一杯でしょうね。

グローバル経済に取り込まれた先進国と言われる国に住むワレワレの賃金は、途上国と言われる国々の賃金に向かわざるを得ないのですよね。

しばらくは賃金は上がりませんよ。

そういった中で頭金なしの住宅ローン。

う~む・・・・・・・。

« 中国アモイも放射線量が高かった | トップページ | やはり来た!肝をつぶすような地震 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

とりあえず餌釣って、家持たせ、がんじがらめにしてから、いずれ取りあげる。

そんな感じがします。

>逃げられない日本人 さま

ワタシの娘ももう少しで成人です。

娘に「あなたたちの時代は大変なんだから自分で稼げるようになりなさい」と言っても、「はぁ~??」で終わりです。泣

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58125253

この記事へのトラックバック一覧です: 軽減策は地獄の一丁目:

« 中国アモイも放射線量が高かった | トップページ | やはり来た!肝をつぶすような地震 »