« 消費税増税決定ス | トップページ | 放射線測定器の誤動作 »

2013年10月 2日 (水)

ANAよかったナイ

羽田国際線発着枠 全日空に優先配分 国交省方針

 国土交通省は1日、来年3月末に拡大する予定の羽田空港の国際線発着枠の配分で、全日本空輸に、日本航空よりも多くの枠を優先配分する方針を固め、両社に通知したことが分かった。2日に発表する。

 対象は午前6時台~午後10時台の「昼間時間帯」の国際線発着枠で、日本の航空会社に割り当てる1日当たり約20便のうち航空交渉が終わっていない米国便を除く約16便分。英国やドイツなど欧州主要路線と中国、インドネシアなどアジアの新興国路線用で、このうち10便前後を全日空が確保する方向で最終調整している。

 羽田の国際線は収益性が高く、昼間帯1枠で年間100億円程度の売上高があるという。全日空は、公的支援を受けて再建した日航との競争条件を対等にするため「極力多く(配分して)ほしい」(親会社のANAホールディングスの伊東信一郎社長)と主張。日航は「均等配分で健全な競争が成り立つ」(幹部)と反発していた。

 国交省は「公的支援で競争環境が不適切にゆがめられてはならない」として、ドイツ行き2便とカナダ行き1便を全て全日空に割り当てるなど優先配分する。

(産経新聞)

55 ANAプラチナ&SFCホルダーとしては嬉しいニュースでございますな。

関東に住まうワタシとしては、成田&羽田のANA航空路線の充実はありがたい事でございますよ。

暴走中年を目指すワタシにとって・・ 

イイ━━━━(゚∀゚)━━━━!! って事でございますな。

>>国交省の「公的支援で競争環境が不適切にゆがめられてはならない」

コレ当たり前田のクラッカーの話でございますよ。

« 消費税増税決定ス | トップページ | 放射線測定器の誤動作 »

ANA SFC チャレンジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58306504

この記事へのトラックバック一覧です: ANAよかったナイ:

« 消費税増税決定ス | トップページ | 放射線測定器の誤動作 »