« そして誰も近づけなくなった・・・ | トップページ | 中国スタバは高くていいのだ! »

2013年10月24日 (木)

本当に窮地になるのは東電ではない、ワレワレ国民だ!

欠陥貯水池に雨水移送 福島第一、台風対策窮地に

 台風27号が近づく中、東京電力は二十三日、福島第一原発のタンク群周りの堰(せき)にたまる雨水を移送する先が十分確保できないため、四月に水漏れが起き、信頼性が失われた地下貯水池を使う方針を明らかにした。池をめぐっては、東電の広瀬直己(なおみ)社長自らが今後は使わないことを約束していたが、他に手段がない状況に陥った。 (清水祐樹)

 「堰の水を全て地上タンクに移せればいいが難しい。やむにやまれず、地下貯水池を使わせていただきたい」。二十三日の記者会見で、東電の今泉典之原子力・立地本部長代理の口調は重かった。

 東電は、排出基準を超える放射性物質が検出された堰内の水は、雨水用に用意した四千トン分のタンクと、2号機のタービン建屋地下に移送すれば、十分に対応できると説明してきた。

 しかし、いざ台風が来ると、堰内にはあっという間に雨水がたまり、十六日の台風26号の際にたまった雨水はタンクの容量を大幅に超えていた。次の台風に備えて堰から水を抜くため、雨水用タンクに移送しようとしても、今度は建屋地下の水位が危うくなった。

 安易に雨水を入れると、建屋外の地下水位の方が低くなり、建屋地下にたまる高濃度汚染水が外部に漏出する危険が高まるからだ。

 そこで東電が着目したのが、容量の大きな地下貯水池だった。

 敷地内には七つの貯水池がある。四月、うち三つから高濃度の放射性ストロンチウムを含む処理水が漏れ、東電は計約二万四千トンもの処理水を地上タンクに急きょ移送することを迫られた。

 突貫工事で地上タンクを増設するだけでは足りず、冷却水用タンクも動員してしのいだ。

 貯水池には三層の遮水シートがあるが、危険な処理水を安定的に貯蔵するようには造られていなかった。広瀬社長は今後使わないと明言していたが、守れないほど現場の状況が苦しくなった。

 既に台風26号では、汚れていない池の一つを「緊急的な対応」として移送先に使った。今週末には27、28号が同時に来襲する可能性が高まり、他の二つの池も使う方針を決めた。

(東京新聞)

253 簡単に言ってしまえば、ザ・隠蔽東電が事故処理にあたっているかぎり、絶対に原発事故の収束はありえないって事やね。

事故後、ワレワレが「東電よくやった!」と誉められるインフォメーションをザ・隠蔽東電から聞いたことがありますか?

無いでしょ。

聞こえてくるのは暗澹たる気持ちにさせられる情報ばかり。

それも小出しにして、隠蔽して・・・・。

最後にはばれて経営陣が頭を下げて・・・・・。

どう考えても無理なんですよ。

あの会社に原発の事故処理は・・・・。

原発を持つこと自体に無理があったっていう事やね。

« そして誰も近づけなくなった・・・ | トップページ | 中国スタバは高くていいのだ! »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

原発収束は、ほぼ無理ということが、だんだんバレてきました。

解決無理な間は、新たな汚染水が次から次ぎへと出来、結局自然環境には抵抗できず海へ。

しかし人工的放射性物質は、時がたっても残留、やがて広範囲に拡散。

今も拡散していっているんだから、台風のように、拡散予報図ぐらい毎日、ニュースで取り上げてほしいものです。

心の備えぐらいしておきたいですからね。

何も知らずに、ある日突然、はい終わり、なんてことだけはやめてくださいよ。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます。

ワタシ的には、国家はどういったタイミングで『このエリアは住居不可能ですから、いついつまでに離れてください』といった感じのインフォメーションを出すかって事に関心があるのです。

そして、そのエリアが日を追うごとに広がっていくのではないかと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58444034

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に窮地になるのは東電ではない、ワレワレ国民だ!:

« そして誰も近づけなくなった・・・ | トップページ | 中国スタバは高くていいのだ! »