« カーグラフィック、小林氏亡くなる | トップページ | カオスJAPAN »

2013年10月29日 (火)

中国北京で嫌な事件が起こる

天安門、旗振って突っ込む? 党の「聖地」に衝撃

中国・北京の天安門前で28日に起きた車突入・炎上事故は、故意によるものとの見方が強まっている。中国では、政治や社会への不満を背景にした市民の自爆事件が続く。事故は市民だけでなく、習近平(シーチンピン)指導部にも緊張を与えている。

 事故後、現場付近の歩道は封鎖され、天安門広場への立ち入りも禁止された。現場に向かった記者が立ち入り禁止区域の外側からカメラを構えると、武装警察官が「撮るな」「カメラをカバンにしまえ」と怒鳴りながら駆け寄ってきた。

 事故時に現場にいたという40代の旅行会社員は「車内から黒い旗を振りながら車が突っ込んできた」と話した。旗には少数民族の使うような文字が書かれていたとの目撃情報もある。

(朝日新聞)

3677 これまた嫌な場所で事件が起こりましたなぁ~

天☆安☆門

以前の事件を知る若者はほとんどいないでしょうから、今回の事件は現在の若者にとっても大きな衝撃を受けるかもしれませんね。

それを見越したかのような、現場の規制、報道管制、ネット上の関係コメントの削除や閲覧規制・・・・。

トップレベルに近い情報規制を行っているようです。

何も知らずにいる中国人も多いのかもしれませんね。

そうでないと国家が持たんでしょ。

神経ピリピリの国家運営が続きそうですな。

ワタシ的には何も起きないでほしいですね。

あの国には友人知人がたくさんいますから・・・・・。

« カーグラフィック、小林氏亡くなる | トップページ | カオスJAPAN »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58474817

この記事へのトラックバック一覧です: 中国北京で嫌な事件が起こる:

« カーグラフィック、小林氏亡くなる | トップページ | カオスJAPAN »