« お国が揺らげばニッポン叩く | トップページ | 体感悪化と気になる雲 »

2013年10月31日 (木)

日本美術も腐りきっていたのか!!

日展書道「篆刻」、入選を事前配分 有力会派で独占

 日本美術界で権威のある日展の「書」で、有力会派に入選数を事前に割り振る不正が行われたことが朝日新聞の調べで分かった。毎年1万人以上が応募する国内最大の公募美術展への信頼が揺らぐのは必至だ。

 日展には日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5科がある。1万円を払えば誰でも応募でき、入選すれば展示される。今年度は11月1日から国立新美術館(東京・六本木)で開催される。1万3919点の応募があり、7割が書だ。

 書には漢字、かな、調和体、篆刻(てんこく)の4部門がある。朝日新聞は、石材などに文字を彫る「篆刻」の2009年度の審査を巡り、当時の篆刻担当の審査員が有力会派幹部に送った会派別入選数の配分表と、手紙を入手した。配分表には有力8会派ごとの応募数と入選数が直筆で記され、過去5年分の会派別の応募数と入選数の一覧も添えられていた。

 手紙は審査員が入選者公表前の10月15日に書いたもので、「今年は昨年度の会派別入選数厳守の指示が日展顧問(本文は実名)より審査主任に伝達され、これに従った決定となりました」とし、配分表通りに入選数を決めたと説明している。日展顧問(89)は書道界の重鎮で日本芸術院会員。審査主任は書の4部門全体の審査責任者で、当時は日展常務理事だった。

(朝日新聞社)

54 日展といえばアンタ、ニッポン美術の登竜門。

日展入選って事が、作者の箔が付くって事に繋がるんでしょ?

その入り口がインチキだったら、その先はどうなん?

もっとドロドロとした世界が広がってるんじゃぁないの?

日本が誇れる食文化や芸術・美術が腐ってたらどうすんの?

精神的なものまでが腐ってしまうとねぇ~

日展に関したニュースを見て回ると、『なんだ、わかっちゃったの?』といった感じで、以前からこういった事が続いていた事がうかがい知れます。

ニッポンは堕ちたなぁ~と感じるのはワタシだけなんでしょうかね・・・・。

« お国が揺らげばニッポン叩く | トップページ | 体感悪化と気になる雲 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

書いうことですか。

入賞作品見ても、どこが入選作品より優れているのか、さっぱりわかりません。

私なんぞ、何書いてあるか字も読めませんけど。
今の内閣総理大臣賞なんか改名して、大嘘つき賞にでもしたら、贈る方も、受ける方も、結構つじつま合うような気がします。

書の重鎮も、仲良くまんべんなくという各組織への配慮なんでしょうが、日展は審査される公募展ですからね。

参加者全員を、同じ条件のスタートラインに立たせてあげるべきですが、
結果に対しての配分が決まっていたのでは、真の競い合いにはなりませんね。

だったら、審査される公募展ではなく、応募者の展覧をくじ引きで決める展覧会にした方が手っ取り早いような気もします。

それでは、はくがつかないから今度は出品者は嫌なんでしょうね。

今後は審査の公平性、透明性を増し、書だけに白黒はっきりさせてほしいもです。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます~

芸術的分野まで限りなくインチキって感じですわ。

何がホンモノなのか判らなくなってきてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58485948

この記事へのトラックバック一覧です: 日本美術も腐りきっていたのか!!:

« お国が揺らげばニッポン叩く | トップページ | 体感悪化と気になる雲 »