« 酒井雄哉大阿闍梨のテレカですよ | トップページ | 甘利君、それはあまりにも甘いんで内科医? »

2013年11月30日 (土)

素晴らしき日本の風景

4師匠の家に向かう途中に小さな公園があるのですが、そこで撮った写真です。

濁りのない青空に黄色く色づいた銀杏の葉。

何気ないようですが、こういった素晴らしい風景が身近にあるって事を再認識したいですよね。

3近隣諸国を歩いても、身近なところで、こういった風景にはなかなか出会えないモンですよ。

それだけに大切にしたいこの風景。

こういった落ち葉にガイガーカウンターをあてて放射能測定なんてしてる今のご時世。

誰だって道を誤る事はありますよ。

問題は道を誤った事に気づいた時に、本来進むべき道に行き先を修正できるかどうかって事だと思うんですよね。

今、日本はその時に来ています。

« 酒井雄哉大阿闍梨のテレカですよ | トップページ | 甘利君、それはあまりにも甘いんで内科医? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

美しい青空に美しい並木道、素晴らしいです。

「あやまちを改めざる これを あやまちと言う。」

こんな格言ありましたね。

>逃げられない日本人 さま

こんばんわ。

過ちを過ちと認めない限りニッポンに未来はありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58672888

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしき日本の風景:

« 酒井雄哉大阿闍梨のテレカですよ | トップページ | 甘利君、それはあまりにも甘いんで内科医? »