« ワレワレ庶民にとって来年の春は地獄か? | トップページ | 素晴らしき日本の風景 »

2013年11月30日 (土)

酒井雄哉大阿闍梨のテレカですよ

2今日、佛の師匠の家に所用があって行ってきたのです。

その時の帰りにワタシにくれた物です。

酒井雄哉大阿闍梨のテレカ。

コレは珍しいですね。

2回目の千日回峰行が終わって程なくの頃の写真のようです。

笑顔がいいですよね。

1そしてもうひとつ。

『拈華微笑』(ねんげびしょう)の額装です。

ワタシのところにあった『道』の額装と交換しました。

といっても、この『道』の額装も元々師匠のところにあったんですけどね。

『拈華微笑』とても良い言葉です。

阿闍梨さんと師匠もそういった間柄だったんですよね・・・・。

合掌

********************

『拈華微笑』

言葉を使わず、心から心へ伝えること。また、伝えることができること。▽仏教語。「拈華」は花をひねる意。「華」は草木の花の総称。「拈」は指先でひねること。

« ワレワレ庶民にとって来年の春は地獄か? | トップページ | 素晴らしき日本の風景 »

酒井雄哉大阿闍梨関連」カテゴリの記事

コメント

ひろさんにとっては、特段値打ちのあるテレカですね。

書の字体も、お言葉も、大変格調高いです。


師匠も相当な方のようですね。


>逃げられない日本人 さま

ワタシの師匠は、ワタシよりちょうど一回り上の年齢なのですが、とにかく元気でワタシの将来の目標となる方なんですよ。

目標となる師が近くにいらっしゃって、とても素晴らしいですね。

阿闍梨さんの笑顔がカワイイ…

>まあこ さま

おはようございます~

阿闍梨さんの笑顔、本当にいいですよね。
阿闍梨さんに会いたいですよ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58672754

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井雄哉大阿闍梨のテレカですよ:

« ワレワレ庶民にとって来年の春は地獄か? | トップページ | 素晴らしき日本の風景 »