« 原発事故報道がめっきり減ったね | トップページ | いよいよ危険な関東地方 »

2013年11月15日 (金)

TPPでニッポンアウト!!

TPP交渉 米通商代表、農産品あげ「日本は厳しい決断を」

米通商代表部(USTR)のフロマン代表は14日、ワシントン市内で開かれた日米財界人会議で講演し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉について、年内妥結の目標に向け、「日本を含む全参加国は厳しい決断が必要になる」と述べ、交渉加速に向け日本に妥協を促した。

 フロマン氏は年内妥結の目標は維持するが、「粗悪な協定は結ばない」とも強調。関税撤廃や投資などの分野で課題が残っており、政治的な決断を各国に求めた。日本については、「農産品が重要品目なのは承知している」としながらも、高水準の協定には「厳しい決断が必要だ」と述べ、自由化措置に聖域は認められないとの考えを示した。

 TPP交渉と平行して日米間の問題を話し合う2国間交渉に関しては、「自動車や保険などの非関税措置で課題が残っている」と指摘。TPPとの同時妥結に向けて交渉を加速する姿勢を改めて強調した。

(産経新聞)

初めっから聖域なんて考えるだけ無駄だったって事でございますよ。

だってニッポンはアメリカ様がご主人様。

ご主人様に楯突く事は出来ませんわ。

3795 コレでニッポンの美しい風景は、いくつ消え去っていくのでしょう・・・・・。

山麓に広がる棚田の風景。

狭いニッポンの土地を有効に使った先人たちの知恵。

こういった風景もススキボーボーの荒地になってしまうのでしょうかね。

グローバリゼーションを求めれば求めるほど、日本は何事も荒廃していくのです。

時すでに遅し。

・・って言うかその前に、原発の放射能でアウトか・・・・・。

« 原発事故報道がめっきり減ったね | トップページ | いよいよ危険な関東地方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

謹啓、小さくとも礼節と伝統を重んじる東洋の島国として生き残れるのにグローバルスタンダードなるアメリカ帝国主義の毒に冒されて亡国のTPPに踏み切りました。有権者の自業自得ですが自動車の関税が廃止されるのが25年後だったり知的所有権の期間が延長されたり墓穴を掘る結果になりました。馬鹿は死んでも直りません。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

人それぞれの性格が直らないように、世間で言う「バカは死んでも直らない」って事なんでしょう。

嫌な世の中になったモンです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58580281

この記事へのトラックバック一覧です: TPPでニッポンアウト!!:

« 原発事故報道がめっきり減ったね | トップページ | いよいよ危険な関東地方 »