« タイ・バンコクに行ってきたのです その3 | トップページ | 反日強めて国滅ぶ »

2013年11月27日 (水)

防空識別圏緊張セリ

米軍爆撃機2機が飛行 事前通報なし 中国スクランブルなし

米国防総省によると、米軍のB52爆撃機2機が日本時間26日(米東部時間25日夜)、中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏内を事前通報なしに飛行した。中国側から2機に対する呼びかけや戦闘機の緊急発進(スクランブル)はなかった。

2機はグアムのアンダーセン空軍基地を離陸し、防空識別圏内に入った。尖閣諸島(沖縄県石垣市)の上空周辺を飛行し、圏内での飛行時間は1時間未満。爆弾などは搭載しておらず、護衛機も伴っていなかった。

爆撃機はその後、アンダーセン基地に帰還した。国防総省は以前から予定されていた飛行訓練としている。

米政府はこれまで、

(1)防空識別圏を認めない。

(2)飛行経路の事前通報や無線の開放など、中国が要求する措置には応じない。

(3)米国の軍事作戦遂行に一切変更はない-との立場を明確にしている。

爆撃機の飛行は、こうした米国の姿勢と日米同盟の強固さを誇示する明確な示威行動であり、中国を強く牽制(けんせい)するものだ。同時に米軍機が防空識別圏に侵入し飛行した際の中国側の出方を探る狙いもある。

(産経ニュース)

アメリカ様、やってくれるねぇ~

なんたって中国相手ですからアメリカ様も強気でございますな。

”およよと驚く毎日”サンのブログによれば・・・

>>>中国が尖閣を攻撃したら、これは同盟国:日本に対する攻撃。
もしそうなれば、中国の保有する米国債は、自動的に消滅する。

米国債には、そういう規定がある。
噂では、その額122兆円にものぼるのだとか。

もしそうなれば、米国はウハウハですな。
膨大な額の借金が消える。
おまけに安保発効で、武器も飛ぶように売れる。

そして何よりも、正義の顔ができる。>>>

54 アメリカ様にとっては願ってもないチャンス到来ってこと????

まぁ~ニッポンもアメリカ様の御加護なしでは生きていけないのでございますから、お互い様って事でございましょう。

コレまさに同盟国の極み也。

けっこう一方的だけどね。

しかし、何も出来ない日本政府にとって、ありがたい存在のアメリカ様でございましょう。

==結論==

グローバル経済の今、実力行使は出来ないものと思われ・・・・・。

« タイ・バンコクに行ってきたのです その3 | トップページ | 反日強めて国滅ぶ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アメリカ機、戦闘機でなく爆撃機2機でしょ。

おとせるもんなら、おとしてみろゆっくり飛んでやるから…。

ということなんでしょうかね。

さすが戦争のベテラン。きも座ってますね。

日本の民間機は国からの援護も保障もなく、ただただ無視して飛んでいけと言われているような状況です。

ちょっと危ないですね。

>逃げられない日本人 さま

丸腰の民間機にスクランブルをかける・・・。

民間機撃墜事件を起こす・・・。

犠牲になるのはいつも民間人でございますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58653264

この記事へのトラックバック一覧です: 防空識別圏緊張セリ:

« タイ・バンコクに行ってきたのです その3 | トップページ | 反日強めて国滅ぶ »