« 新宿歌舞伎町で火鍋を喰らう | トップページ | 茨城県南地震がキーワード »

2013年11月12日 (火)

真面目にやっている人達がバカをみてはいけないのデス

阪急阪神ホテルズに立ち入り検査 偽装問題で消費者庁

 ホテルや百貨店で食材偽装が相次いでいる問題で、消費者庁が景品表示法違反(優良誤認)の疑いで阪急阪神ホテルズ(大阪市)に立ち入り検査に入ったことがわかった。一連の問題で、同庁が立ち入り検査に入るのは初めて。

 同庁は10月7日に同社から報告を受けるなどして調査してきたが、偽装表示の実態や再発防止策についてさらに詳しく調べる必要があると判断、11日に立ち入り検査に踏み切った。今後、従わなければ罰則もある「措置命令」を出すことも視野に、調査を進めるとみられる。

 同社では、バナメイエビを「芝海老(えび)」と表記したほか、「九条ねぎ」と表示して一般的なネギを提供するなどの偽装が発覚。阪急阪神ホールディングス傘下のホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」(同)も立ち入り検査の対象になったという。

 食材偽装問題をめぐり、自民党は12日、消費者問題調査会を開き、ホテルなど業界団体から取り組み状況を聞き取った。衆議院消費者問題特別委員会の山本幸三委員長は「この問題を委員会で徹底的に議論する」と述べた。

(朝日新聞社)

ここまで広がってやっと立ち入り調査ですか・・・・。

遅いな。

飲食・食品業界がコレだもの、他の業種はどうなんでしょ。

私が生業とする墓石石材加工卸業も、限りなくグレーな部分が存在したりするわけで・・・・。

日本で産出される原石を中国に持ち込んで製品(墓石)を作り、日本国内に逆輸入する事が多い訳です。

別にそれはそれでいいのです。

しかし、中国で作った日本の石の墓石を日本国内で作りましたぁ!!っていう石材店もかなりの数存在するのですよね。

それはマズイと思いますよ。

それはメイド・イン・チャイナであって、国産品ではありません。

そういったもに対して産地証明書なるものを付けている所まで出ています。

いかにも日本で作ったように見せかける、限りなくグレーなやり方ですな。

同業者として一般のお客様に申し上げたいのは、日本の石だから安全ではないと言う事。

日本の石をどこで作ったのかが問題だって言う事。

日本の石でお墓を建てたい方々には、注文する石材店にワタシのお墓を作っている所を見に行ってみたい・・・・と言ってみてください。

言葉を濁すような石材店はアカンよ。

残念ながら言葉巧みな営業は五萬といますから、気をつけなはれ。

33

« 新宿歌舞伎町で火鍋を喰らう | トップページ | 茨城県南地震がキーワード »

心と体」カテゴリの記事

コメント

石だけにグレーが多いんですかね。

メイド.イン.チキ…って表示させましょうか。

>逃げられない日本人 さま

業界内でしか知りえない(お客様には決して言わない)事ってたくさんあったりするんですよね。

コレはどの業界も同じなのかもしれません。

でも、インチキはいけません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58561915

この記事へのトラックバック一覧です: 真面目にやっている人達がバカをみてはいけないのデス:

« 新宿歌舞伎町で火鍋を喰らう | トップページ | 茨城県南地震がキーワード »