« 日中関係一層悪化ス | トップページ | 日本のメディアより海外のメディアの方が日本の実情を御存知でいらっしゃる »

2013年12月17日 (火)

そのまま最終処分場になるとの懸念が根強いからだ

放射能汚染土中間貯蔵施設 説明尽くし除染加速を

 東京電力福島第1原発事故の除染で生じた福島県内の汚染土などを保管する中間貯蔵施設について、政府が県と地元3町に建設受け入れを要請した。

原発事故に加え、新たに中間貯蔵施設までも押しつけられる地元自治体や住民には複雑な思いがあるだろう。

しかし、施設がなければ除染も復興も進まない。政府には、施設の安全性確保を大前提に、補償や復興支援策についても地元に説明を尽くし、建設同意を得る努力を積み重ねてもらいたい。

 福島県内では、各地で袋詰めにされた汚染土が民有地や仮置き場に野積みされている。中間貯蔵施設が整備されていないためだ。

 政府の計画案では、施設の貯蔵量は最大2800万立方メートル(東京ドーム23杯分)。

福島第1原発を取り囲む大熊町の11平方キロと双葉町の5平方キロ、福島第2原発に隣接する楢葉町の3平方キロの計19平方キロを国有化する。

3町それぞれに汚染土の貯蔵施設や減容化施設、緩衝地帯を設置する。

総事業費は約1兆円を見込んでおり、2015年1月の搬入開始を目指す。

富岡町についても、既存の管理型処分場の活用を求めた。

 地元は施設受け入れを決めかねている。政府は、運び込んだ汚染土を30年以内に県外で最終処分する方針を閣議決定したが、そのまま最終処分場になるとの懸念が根強いからだ。

30年で中間貯蔵が終わるとしても、建設地の住民は古里を捨て、帰還を断念することを迫られる。

 政府は、30年以内の県外最終処分を法制化する意向も示した。

だが、最終処分場を確保するめどは立っていない。処分場確保に向けた具体的な道筋を示さない限り、地元の懸念は消えないだろう。

 双葉、大熊両町の大半は帰還困難区域だ。一方、楢葉町は全域が避難指示解除準備区域で「帰れる町になぜ建設するのか」という声がある。

 建設候補地の地権者は大熊、双葉、楢葉の3町で計2000人以上といい、用地交渉は簡単ではない。

新天地で暮らせる十分な補償をすべきだが、候補地か候補地でないかで補償の有無が分かれ、住民の間にあつれきが生じる恐れもある。

改めて、原発事故がもたらす影響の大きさを思わずにはいられない。

 政府は3町を選定した理由を合理的に説明するとともに、住民の多様な意見を踏まえた復興支援策を打ち出さなければならない。

 施設には大量の汚染土がトラックで次々に運び込まれる。渋滞や交通事故に備え、専用道路を建設するなど交通網の整備も今後の課題だ。

 佐藤雄平知事は要請を「検討のスタートライン」と述べたが、県の調整能力も問われる。

(毎日新聞)

>>そのまま最終処分場になるとの懸念が根強いからだ。

13 懸念っていうか、そのまま最終処分場になってしまうと思うよ。

だって、その先どこにも持って行く場所がないし・・・・。

帰れる町を目指している現在ではありますが、現実問題として無理とちゃいますか?

放射能ダダ漏れの現在進行形で、最終的にいつ事故現場の処理が終わるのかさえ決まっていません。

っていうか今の状況下の事故処理対策では、地球が存在するかぎりダダ漏れ放射能が続くと思いますよ。

雪かきしても雪かきしても後から後から雪が降り積もるようなモンとちゃいますか?

該当地にお住まいの皆様には本当に酷な話かもしれませんが、それが現実のような気がしますな。

« 日中関係一層悪化ス | トップページ | 日本のメディアより海外のメディアの方が日本の実情を御存知でいらっしゃる »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

思い出のある当事者の方々には誠に気の毒ですが、本来除染しないといけないような所は、住めない土地という証なんじゃないでしょうか。

政治家、原発推進者、東電におとしまえつけてもらうべきですね。

海外逃亡の東電幹部関係者は無責任、卑怯きわまりないですよ。

>逃げられない日本人 さま

意味の無い余計なお金を使うより、該当地域の住民に対して手厚く保護して、新しい場所での生活の安定基板が出来るようなお手伝いをすべきです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58772158

この記事へのトラックバック一覧です: そのまま最終処分場になるとの懸念が根強いからだ:

« 日中関係一層悪化ス | トップページ | 日本のメディアより海外のメディアの方が日本の実情を御存知でいらっしゃる »