« 大阪に行ってきたのデス | トップページ | 九十九里の蛤ですよ »

2014年1月21日 (火)

ANAのコマーシャルに思う

「金髪で高い鼻」は人種差別、批判受けCM中止

 全日本空輸は、18日に放映を始めた新しいテレビCMを20日午前中から中止したことを明らかにした。

 問題のCMは、3月30日から同社の羽田空港発着の国際線が増えることをPRする内容で、パイロットの制服を着た俳優の西島秀俊さんと、お笑いタレントのバカリズムさんが出演。せりふは英語で、西島さんが「日本人のイメージ変えちゃおうぜ」と話すと、バカリズムさんが高い鼻と金髪のカツラを着けた西洋人をイメージする格好に変わっているという内容だ。

 この演出に対し、外国人を中心にメールなどで「人種差別的だ」といった批判が多く集まっていたという。

(読売新聞)

ANAのコマーシャルで批判を受け中止ですか・・・・

人種差別的ねぇ~

ワタシ的に言えば、日本人の欧米コンプレックスの表れで、人種差別でなくて日本人がそうなりたいと願う憧れの表現でしかないように思うけどな。

戦後のニッポンは「ギブミー ア チョコレート」。

憧れの欧米商品や欧米の生活・食生活、そして生き方までも・・・・・。

544444 すべて憧れであって、今回のコマーシャルも高い鼻や金髪に憧れ、欧米コンプレックスを持つ日本人そのものでしかないように見えますけど・・・・・。

だから『欧米かぁ!』の皆さんも、ワタシ達はニホンジンから見れば憧れの対称なんだと、気持ちを大きく持っていただきたいものです。

話は変わるけど、最近は何かにつけクレームや批判の話をよく見聞きするけど、コレ世の中が荒んでいる証でございます。

嫌な世の中になったもんだよ、まったく・・・・・。

« 大阪に行ってきたのデス | トップページ | 九十九里の蛤ですよ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58983878

この記事へのトラックバック一覧です: ANAのコマーシャルに思う:

« 大阪に行ってきたのデス | トップページ | 九十九里の蛤ですよ »