« わざわざ韓チャンには行くこたねぇ | トップページ | 寒いタイはタイじゃない »

2014年1月23日 (木)

本当のストロンチウムの値はどうなんだ!

報道(東電の態度)

以下の報道は1月9日に読売新聞が報じた内容ですが、覚えておいた方が良い内容ですので、今回このブログにアップさせて頂きます。


*********************

東電、ストロンチウム濃度公表せず…測定誤り?

東京電力は8日、福島第一原子力発電所の港湾や井戸で海水や地下水を採取して調べている放射性ストロンチウムの濃度について、「測定結果に誤りがある可能性があり、公表できない」と発表した。

海水などは定期的に採取して汚染状況を監視することになっており、放射性セシウムなどは毎週、濃度を分析して公表している。しかし、汚染水に含まれる主要な放射性物質の一つであるストロンチウムは、毎月分析することになっているが、昨年6月に採取した海水などの分析結果を最後に、半年近くも公表していなかった。

東電によると、昨年夏まで使っていた装置の分析結果にばらつきがあり、信頼性に乏しかった。同9月に新たな装置を導入し、信頼性が向上したが、「旧装置と異なる分析結果になった原因を詳しく解明してから、新たな装置による結果を公表したい」と説明している

**********************
(Nevada)
少し前の記事だったようですが、ワタシも判らなかったので、今コメントしておきます。
253 イロイロな能書きをたれてストロンチウム濃度を公表していない「ザ・隠蔽東電」でございます。
今までの東電のしてきた事を考えれば、『本当のストロンチウム濃度なんて、とても危険な値すぎて言えない。(公表できない)』って事なんだと思いますよ。
とんでもない本当の値がバレた時、東電はきっとこう言う筈。
『国民がパニックにならないように公表は控えた・・・・・』とね。
健康に影響のない値だったら、『旧装置の値は○○、新しい装置では○○です。この値は健康に一切影響を与えるものではありません。現在、この二つの値の差の原因を究明中です・・・・。』とかいえるでしょう。
それが言えないって事なんですよ。
ワレワレはそれを理解しておくべきでしょうね。

« わざわざ韓チャンには行くこたねぇ | トップページ | 寒いタイはタイじゃない »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

旧装置の値は××。新装置の値は××。

共に、この値は健康に一切責任はもてません。

これが本音?

>逃げられない日本人 さま

おはようございます。

そうでしょうね。
責任がもてない値だから公表できないんだと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58994852

この記事へのトラックバック一覧です: 本当のストロンチウムの値はどうなんだ!:

« わざわざ韓チャンには行くこたねぇ | トップページ | 寒いタイはタイじゃない »