« 農産物直売所はどこまで信頼できるのか? | トップページ | 創業明治15年でございます »

2014年1月14日 (火)

阿闍梨さんだけが触れた数珠

Z1 ワタシの家の阿闍梨の間(和室)に木彫不動明王が奉られているのですが、その厨子の上に天台宗の数珠が置いてあるのですよ。

その数珠は酒井雄哉大阿闍梨しか触れていない数珠なんです。

以前に身の回りのお手伝いをさせていたいた時に、この数珠を酒井雄哉大阿闍梨に渡して、しばらくの間ジャリジャリと阿闍梨さんに触れていただいていたんです。

阿闍梨さんには笑われてしまいましたが、それを巾着袋に入れてもらって家に持ち帰り、厨子の上に置いたのです。

どこにでもある柿の数珠なんですが、阿闍梨さんだけしか触れていない数珠。

ワタシにとっては、それだけで宝物なんです。

« 農産物直売所はどこまで信頼できるのか? | トップページ | 創業明治15年でございます »

酒井雄哉大阿闍梨関連」カテゴリの記事

コメント

”阿闍梨の間”があるのですね!!すごい☆

いつも貴重なお写真をUPして頂いてありがとうございます。感謝

素晴らしい最高の宝じゃありませんか。

私なんぞ、師匠からいただいた手紙飾って、気合い入れております。

>まあこ さま

おはようございます。

阿闍梨の間・・和室8畳と6畳のところの床の間に木彫不動明王を奉り、周辺を阿闍梨さんの掛け軸や額装、書物などをおいています。
勝手に阿闍梨の間と呼んでいます。笑


>逃げられない日本人 さま

おはようございます。

なにか「心のよりどころ」となるものがあるのは善い事ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/58944386

この記事へのトラックバック一覧です: 阿闍梨さんだけが触れた数珠:

« 農産物直売所はどこまで信頼できるのか? | トップページ | 創業明治15年でございます »