« ニッポン版『ノアの箱舟』 | トップページ | ビットコイン終了! »

2014年2月26日 (水)

中国不動産バブル崩壊、とうとう来るか?

既に始まった中国史上最大の不動産バブル崩壊劇

014年2月半ば、中国華東地域の大都会である杭州で、不動産市場に大異変が起きた。

18日、市内で分譲が始まった「北海公園」という名の新築マンションが、当初の予定価格の19500元/1平米から大幅に値下げして15800元/1平米で売り出された。

今までの不動産好況から考えると、予定価格より3割近くの値下げは前代未聞の出来事であった。

そして翌日の19日、先月から分譲中の「天鴻香謝里」と名付けられた不動産物件は突如、17200元/1平米の販売価格を大幅に「調整」して13800元/1平米で売られることになった。

そうすると、値下げの前に物件を購入した顧客たちが猛反発して、物件の販売センターに押し寄せて破壊行為まで行った。

定着する「迫る不動産バブル崩壊」という認識

成約件数の大幅下落 売れなくなる不動産

社会的不安の拡大も懸念

住宅ローンの停止に踏み切る銀行

「第三段階」の始まりにさしかかり……

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3632?page=1

(月刊 WEDGE)

12 あちこちから中国の不動産バブル崩壊の兆候が上がってきていますね。

販売価格の値下げ、成約件数の減少、地方都市の不動産価格の下落、住宅ローン停止報告。

ここまできましたか・・・・。

それでも「臭いものに蓋」、「見て見ぬふり」をしてバブルを謳歌する一般中国ピープル。

ワタシもあれだけの人口がいれば、特大バブル崩壊以上に膨大な人口の中国国民の旺盛な購買意欲で、バブルを飲み込んでしまうのではないか・・・・との思いがあるのですよね。

今の中国都市部に行けば、本当にバブルが崩壊するのか??と思わせますからね。

なのでワタシ自身、中国のバブルの動向には興味があるんですよね。

ニッポンのバブルが崩壊した時には、己が必至で周りを冷静に見る暇もありませんでしたから、頻繁に訪中する中国のバブルの動向を、この目でしっかり見てやる!って気持ちが強いんですよ。

危険でない限り訪中して(バブルの動向(バブル崩壊))の現場を見てこようかと思っています。

« ニッポン版『ノアの箱舟』 | トップページ | ビットコイン終了! »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59201776

この記事へのトラックバック一覧です: 中国不動産バブル崩壊、とうとう来るか?:

« ニッポン版『ノアの箱舟』 | トップページ | ビットコイン終了! »