« 同じような気質だったらいいね | トップページ | ニッポン版『ノアの箱舟』 »

2014年2月24日 (月)

コンビニコーヒー、セブンイレブンがダントツやな

完成まで2年半 セブン「100円コーヒー」大ヒットの裏側

セブン―イレブン全店で展開する「セブンカフェ」が絶好調だ。2013年1月から順次導入を開始し(9月に全店導入完了)、12月には累計販売数が3億杯を突破。現在は1日1店舗当たり平均100杯の販売数で推移しており、今月末には4億5000万杯を見込んでいる。

セブンカフェは、店内のオリジナル専用機器で提供するセルフ式のドリップコーヒー。いつ飲んでもおいしい本格派の味わいが支持されている。

「いれたてコーヒーの販売は創業時から手掛けてきた。消費者のニーズに合わせながらの開発は試行錯誤の連続。その蓄積が今につながっている」(セブン―イレブン・ジャパン商品本部の工藤克俊氏)

00年代に展開した前作「バリスターズカフェ」は、当時主流のエスプレッソタイプだったが、時代とともにニーズは変わる。独自の調査で、日本人の嗜好(しこう)にはドリップ式のほうが合うという結果が出た。

開発には多くのメーカーが関わっている。コーヒー豆は三井物産、丸紅、焙煎(ばいせん)はAGF(味の素ゼネラルフーヅ)、専用コーヒーマシンの製造は富士電機……そうそうたる顔ぶれだ。

「本当においしいコーヒーをつくるため、一つ一つお客さま目線で考えた。だから時間もかかっているし、目指す味に合わせて専用の機械もつくっている」(工藤氏)

完成までに要した時間は2年半。苦労のかいあって、よいものができたと自負する。1杯100円というワンコイン価格も「この味で100円だったらお客さまも驚くだろう」という発想だ。

そして自信作は期待以上の結果を出した。当初は1日1店舗当たり60杯を見込んでいたが、あっさりクリア。今年1月にはついに100杯の大台に乗った。

着実にファンを獲得。現にリピート率は他製品と比較してもブッ千切りに高い。とくに女性ファンが目立つ。また50、60代の中高年層の購入が多いのも同商品の特徴だ。

つまりは「近くて便利なセブンで本格派のコーヒーが飲める」ところがウケた。専門店は高い、でも家でいれるのはちょっと面倒。そんな潜在的ニーズに見事応えた結果の大ヒットである。

(日刊ゲンダイ)

ワタシもセブンイレブンのコーヒーの大ファンなんですよね。

ワタシがお勧めするのはアイスコーヒーですけど。

88886 コンビニコーヒーを飲み比べて、セブンイレブンのはダントツに美味いですからね。

アイスコーヒーに限っては、世界一か!!!と思うくらいに美味しいですな。

ホットコーヒーは自宅や事務所で、1杯19円の美味いコーヒーがありますから、コンビニで買うのは、ほとんどアイスコーヒーです。

セブンイレブンのアイスコーヒー。

アイスコーヒー独特のあの苦みとコクが別格なんですわ。

日本では世界的有名チェーン店は不要になりつつありますな。

発展途上国においては世界的有名チェーン店に行ってお茶するってことは、ステータスなんですよね。

世界的有名チェーン店には発展途上国で頑張ってほしいですな。

« 同じような気質だったらいいね | トップページ | ニッポン版『ノアの箱舟』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

確かにあのお値段であの味は満足度高いですね。駐車場もあるし。Mドーナツ屋のコーヒーとはえらい違いです。

街角の珈琲専門店も大打撃でしょうね。絵になる雰囲気ある店がしだいに消えていくんでしょうか。

コーヒー飲むだけなら満足度高いし、これも時代の流れでしょうかね。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ。

外資っぽいお店はなくなってもいいかもしれません。
だって高すぎ。

喫茶店って感じのお店は残ってほしいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59190046

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニコーヒー、セブンイレブンがダントツやな:

« 同じような気質だったらいいね | トップページ | ニッポン版『ノアの箱舟』 »