« 体感メモ:猛烈な耳鳴り | トップページ | 世界が揺れている »

2014年3月17日 (月)

増税後の消費の動向は?

「駆け込み」の後に「冷え込み」では(3月17日)

 4月1日からの消費税引き上げを前に、店頭ではすでに税抜きと総額の価格表示が混在している。週末の新聞には「増税直前バーゲン」とか「買いだめセール」のチラシが折り込まれていた。エコポイントでもそうだったが「今のうちに」に弱い。あれこれ買い込んで、今月はずいぶん物入りだ。

 ▼平成9(1997)年に消費税が3%から5%に上がった時に比べて、駆け込み需要は2倍近く、9兆円に達するという予測がある。春闘で久しぶりにベースアップ回答が相次いだことや、氷河期が続いた就職戦線に採用増の日が差し込んできたのも、財布のひもを緩める要因だろう。

 ▼ただし、油断は禁物だ。前回はバブル崩壊からようやく立ち直りの兆しを見せていたのに、消費増税がブレーキをかけてしまった。駆け込み需要はカンフル剤にすぎない。春先の気温のように4月以降の景気が冷え込んでは、またデフレ病がぶり返してしまう。日本を元気にする処方箋が必要だ。

【浪速風】

4月からの消費税増税後の消費動向はどうなるのでしょうかね。

浮かれていた分の はねっ返りは大きいと思うんですよね。

ワタシの業界(純国産墓石加工卸)も、増税前の特需でございました。

4月に入って元通りの注文状況(もうちょっとく少ないかな?)でございます。

ワタシの業界内の国内製造加工卸業者は激減しているので、現在生き残っている業者にとっては、今後も生き残っていくためにも受注量激減って事にだけはならないで欲しいところです。

ベアだの騒いでいられるのは大企業くらいなモンで、ワタシの会社ような極小隙間商売にとっては夢のまた夢。

万年赤字体質からの脱却が目標第一なのでございますよ。

4月以降は生き残りをかけた戦いになると思われ・・・・・。

09

« 体感メモ:猛烈な耳鳴り | トップページ | 世界が揺れている »

独り言」カテゴリの記事

コメント

8%はズシッと重くのしかると思います。

循環経済が相当停滞し景気急降下しそうですね。
中小企業、庶民まで大変です。

笑いが止まらないのは輸出戻し税の恩恵を受けるトヨタなど輸出企業。

それに、常習的に脱税している連中。5%から8%上乗せして脱税でぽっぽ内々。

脱税も増加するでしょう。

今の時期の8%に増税はどうでしょうかね?

在れば在るだけ遣ってしまう落語で聞いた与太郎のドラ息子より酷い政府与党です。日本国債の債権者の9割は日本国内の法人、自然人ですからハイパーインフレでチャラにしても海外に迷惑は掛かりません。

>逃げられない日本人 さま
>??? さま

おはようございます。

世の中、混沌としてきましたから、いつどの国でなのがあってもおかしくない状態です。

日本国与党の本当の手腕が試される時です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59308672

この記事へのトラックバック一覧です: 増税後の消費の動向は?:

« 体感メモ:猛烈な耳鳴り | トップページ | 世界が揺れている »