« 好!スシロー | トップページ | とうとう西日本が揺れ始まったのか? »

2014年3月13日 (木)

基礎年金の保険料納付「64歳まで」検討へ

基礎年金の保険料納付「64歳まで」 厚労省が延長検討

 厚生労働省は、全国民に共通する基礎年金(国民年金)の保険料納付期間を、現在の20~59歳の40年間から延長する方向で検討に入った。60歳を過ぎても働く人の増加にあわせ、64歳までの45年間に延ばす案が軸だ。

 納付期間が延びると、もらえる年金額も増える。少子高齢化に連動した年金の減額をやわらげるねらいがある。期間延長は義務にせず、任意で選べるようにする案もでている。

 納付期間の延長は、年金制度が安定して続くかを5年ごとに点検する「年金財政検証」に合わせた制度改革の柱になる。厚労省は、延長による年金額への影響などを検証のなかで試算。その結果をふまえて6月以降に議論し、年内に具体策をまとめる方針だ。

(朝日新聞デジタル)

ワタシ、五十路でございますわ。

ワタシの業界で仕事をするのは体力が要ります。

どう考えても60歳くらいが限界でしょうね。

やはり年金はないものとして老後の設計をしなくてはいけないのでしょうかね。

デスクワークならまだ仕事ができるでしょう。

肉体労働ベースのワタシの業界では、65歳近くまで仕事をするのは無理やろ。

そこで一句

「年金を貰う頃にはあの世逝き」

Photo

« 好!スシロー | トップページ | とうとう西日本が揺れ始まったのか? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

放射能汚染が年金基金救うなんてとんでもないことにならないでほしいものです。

>逃げられない日本人 さま

今のご時世、何が起きてもおかしくありませんから、万が一に備えておきたいものですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59285771

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎年金の保険料納付「64歳まで」検討へ:

« 好!スシロー | トップページ | とうとう西日本が揺れ始まったのか? »