« 世界が揺れている その2 | トップページ | iphone5sに通信制限がかかってしまった・・・号泣 »

2014年3月21日 (金)

中国製品と戦っていくということ

01お彼岸でございますねぇ~

今回はチト仕事に絡んだ話をば・・・・・ 。

この写真はお墓の一番下の台石をくり抜いて、骨壺を収納する場所でございます。

この台石の大きさ、約100㎝角・高さ40㎝。

この大きさの石をくり抜き、内部を整形するのに腕の良い職人さんでも3日間近くかかります。

中国で製品として輸入する場合、四角の箱のままであっても、中をくり抜いても料金は同じ!!なのでございます。

中国の人件費が安いからできる事なのです。

最近はやや加工代を取るようになってきましたが、雀の涙ほどの金額です。

日本で作れば四角の石の料金に加工代として数万円がプラスされることになります。

どう考えたって価格差が大きくなってしまうのですよ。

これは仕方のない事なんですよね。

ウチの職人さんに日給2000円で働いてくださいって訳にはいかないですから。

そういった中で、日本国内工場として戦っていくには、「品質」や「精度」を高い次元で提供するしか道はないのです。

高い「品質」や「精度」を提供して、それに見合った料金をいただく。

墓石石材小売店も全国に数多とありますが、全てが安いものを仕入れて生業とす・・・ばかりではないのですよね。

ごく少数にはなりますが、良い物(墓石)をそれに見合ったお値段で・・・といった墓石小売店も存在するのですよ。

そういった墓石小売店に良い物を納める。

それがワタシが生業としている商売なのでございます。

 

« 世界が揺れている その2 | トップページ | iphone5sに通信制限がかかってしまった・・・号泣 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

最近テレビで、新潟のとある会社で高価な精度の良いつめきりをつくり続け、今では海外にもよく売れているという話題がありました。確か6000円程していました。プライドを持っていいものをつくり続ける。それに見合った対価をいただく。その方向は必ず評価につながると思います。

>逃げられない日本人 さま

今の日本。
製造業で世界と戦っていくには、『品質』や『精度』の高さしかないように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59329220

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製品と戦っていくということ:

« 世界が揺れている その2 | トップページ | iphone5sに通信制限がかかってしまった・・・号泣 »