« 基礎年金の保険料納付「64歳まで」検討へ | トップページ | 中国のほうが放射線量測定値が高かった »

2014年3月14日 (金)

とうとう西日本が揺れ始まったのか?

<地震>愛媛県西予市で震度5強

 14日午前2時6分ごろ、四国や中国、九州にかけて強い地震があった。愛媛県西予市で震度5強、高知や広島、山口、大分の各県でも5弱を記録した。大阪管区気象台によると、震源は瀬戸内海西部の伊予灘で、震源の深さは約78キロ。地震の規模を示すマグニチュードは6.2と推定。この地震で、広島や岡山など6県で計18人が軽いけがをした。

 四国電力によると、愛媛県伊方町の伊方原発に異常はなかった。山陽新幹線や在来線で遅れが生じるなど交通機関も乱れた。

 管区気象台によると、伊予灘一帯は、フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込む場所で、今回の地震はフィリピン海プレートの内部で割れ目が生じたことが原因とみられる。2001年には死者が出た芸予地震が起きている。この日未明に記者会見した管区気象台の柿下毅・地震情報官は「南海トラフの大きな地震とは直接の関係はないと考えている」と指摘した。

(毎日新聞)

昨夜、西日本で大きな地震があったようですね。

大きな被害がなくてよかったです。

アカデミーは「南海トラフの大きな地震とは直接の関係はない」としているようですね。

直接の関係はない・・・・という事は、間接的には関係あるかもしれませんよ。

735653 ワタシ的に東海・東南海・南海地震は、該当地域周辺で大きめの地震が数回発生してから、本丸の大地震発生と読んでいるので、今回のような地震発生は大変気になるところです。

今の日本列島、どこで大きく揺れてもおかしくない状況下にあります。

ワタシの住んでいる所は大丈夫って事はないんだと思って、日々の備えをしておいたほうが良いと思いますよ。

« 基礎年金の保険料納付「64歳まで」検討へ | トップページ | 中国のほうが放射線量測定値が高かった »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59290592

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう西日本が揺れ始まったのか?:

« 基礎年金の保険料納付「64歳まで」検討へ | トップページ | 中国のほうが放射線量測定値が高かった »