« あれから3年か・・・ | トップページ | ANAプラチナ マイレージを使ったビジネスクラスの旅 »

2014年3月11日 (火)

STAP騒動に思ふ

STAP細胞論文「撤回する理由ない」 共著者の米教授

米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は10日、理化学研究所が撤回も検討している「STAP細胞」の論文について、共著者のチャールズ・バカンティ米ハーバード大教授が「私が持っている情報に基づけば、論文が撤回されなければならない理由は見あたらない」と語ったと報じた。

「仲間の圧力だろう…残念だ」

バカンティ氏は、論文の主執筆者である理研の小保方晴子研究ユニットリーダーの元指導教官。同紙によると、バカンティ氏は小保方氏と10日に話したことを明らかにした上で「(論文に)いくつかの誤りがあったが、結論には影響しない」と述べ、さまざまな組織に分化するSTAP細胞を作ったとの研究結果の正しさを訴えた。小保方氏も同じ立場だと説明した。

論文には画像や表現に不自然な点が指摘され、共著者の一人、若山照彦・山梨大教授が「信用できなくなった」と撤回を呼び掛けた。バカンティ氏は「仲間からの圧力でこのような大事な論文が撤回されるとすれば大変残念だ」と話した。

(共同通信)

なんか、ややこしくなってきましたなぁ~

ワタシの知る範囲での話になりますが、大きな研究になればなるほど、チームでの研究って事になります。

個人でできる事には限りがありますからね。

簡単に言えば、大きなテーマの研究結果を出す為には、基礎的な小さな研究をかなりの数していく事になるはずです。

その小さな研究の結果を集めて大きな研究結果につながっていくと思うんですよね。

小さな研究それぞれは、外注のような感じで各研究実験部門に、「○○に○○したらどうなるのか」だけを100回同じ事をしてデータをください・・・・ってな感じであちこちにお願いするはずです。

万が一、その一部の研究実験部門において、「怪しい行動」をした者がいたと仮定すれば、最後の大きなテーマの研究結果はおのずから変わってきてしまいます。

志高き者達の集団であることを祈りたいですな。

***追記***

理研、論文取り下げ検討だそうですね。

46744

« あれから3年か・・・ | トップページ | ANAプラチナ マイレージを使ったビジネスクラスの旅 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

STOP細胞にならないでほしいですね

>逃げられない日本人 さま

おはようございます!

まさにSTOP細胞になってしまいそうですね。

しかし、マスゴミの彼女への持ち上げ方の異常さ、こき下ろし方の異常さには辟易しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59275211

この記事へのトラックバック一覧です: STAP騒動に思ふ:

« あれから3年か・・・ | トップページ | ANAプラチナ マイレージを使ったビジネスクラスの旅 »