« 不気味な深海生物の水揚げ | トップページ | 老後資金について考える »

2014年4月24日 (木)

小浜には好きなもの食わしたれ

「すし外交」しゃり噛む音も「ジツリ、ジツリ」 同盟強化もビジネスライク

 安倍晋三首相が23日夜、米国のドキュメンタリー映画の舞台ともなった東京・銀座のすし店「すきやばし次郎」にオバマ大統領を招いたのは、万事にビジネスライク(事務的・実務的)なオバマ氏を夜の街に引っ張り出すことで、首脳同士の良好な関係を内外にアピールする狙いがある。

 ただ、それが両首脳の個人的な信頼関係構築につながったかというと「初めからそこまで期待していない」(外務省幹部)のが本音だ。日本側もそこはあくまでビジネスライクに割り切り、すし店での夕食会で両首脳は実利的に北朝鮮や中国など東アジア情勢などについて意見交換した。

 オバマ氏は外交辞令や会談でのジョークなどを好まず、本題だけを話したがることで知られる。昨年2月に訪米した安倍首相との昼食会でも、バイデン副大統領らがワイングラスを傾ける中で、オバマ氏の前にはミネラルウオーターの瓶だけが置かれていた。

 「彼はビジネスライクだけど、それは仕事をするという意味では別にいい」

 安倍首相は最近、周囲に淡々とこう漏らした。そこには米大統領を18年ぶりに国賓として日本に迎える高揚感はない。昨年2月のオバマ氏との初会談前日に「明日はがちんこ勝負になる」と意気込んでいたのとは対照的なぐらいだ。

***後略***

(産経ニュース)

安倍川餅が小浜総統を寿司屋に連れてったって?

ふ~ん

ワタシ的には、ニッポンの文化をわざわざ押し付けなくたっていいと思うけどな。

寿司(生魚)を普通に食べる外国人が増えてきているのも事実なんだと思いますよ。

一部ではTPPに配慮して牛肉(ステーキ等)を食べるのを避けた・・云々、といったニュースも聞こえてきます。

まだまだ普段、生魚を食べる習慣のない外国の人達にとって、外国で食う生魚(寿司)ってのは、気になる人も多いと思いますよ。

考えてごらんなさいよ。

858 例えば、私たちが東南アジアなんかに遊びに行って、生牡蠣食います?

そりゃぁ食うでしょうけど、「下痢しないだろうか・・・・」ってな感じで頭の中をよぎりません?

小浜国家主席あたりも考えてもおかしくないでしょうね。

半分くらいしか食わなかったとか・・・・・。

生卵を平気で食える日本人。

外国では驚愕を通り越して、その話をしただけで吐き気をもよおす人までいるんですよね。

日本では、ごく当たり前田のクラッカーであっても、外国の人達にとっては常識外れって事もあるんですよ。

なので小浜閣下には、ロイヤルホストあたりでサーロインステーキ膳なんかを食わしたれば良かったのに・・・・と思うんですよね。

« 不気味な深海生物の水揚げ | トップページ | 老後資金について考える »

独り言」カテゴリの記事

コメント

マクド、ケンタッキーなんて手も…。

ごくごく一部の日本人の腹にしかおさまらないようなおすし屋のおすし。どんな味なんでございましょう?

時間差もあるのでオバマ大統領の腹も大変だ。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ。

小浜から尖閣のコメントを引き出し、TPPの妥協を手土産にしなかった件だけはホメてあげときましょうか。

オバマ大統領の尖閣発言は、よく踏み込んでくれたと思います。

今回はTPP、持ち越しになりましたが、尖閣発言で安倍氏の顔たてたんだから、「わかっているだろうな」と恫喝されているような気がします。

相当な圧力かけられている感じがします。


日本はTPPどうするんでしょうか?

>逃げられない日本人 さま

おはようございます~

リップサービスとはいえ尖閣発言は良かったと思います。
ただ、実行の際には議会の承認が必要とか…

オバマ大統領は、韓国訪問では慰安婦問題に踏み込んだ発言をされたようで、日本では尖閣発言の援護射撃をし、韓国に行けば、日本に冷水を浴びせる発言となりました。この発言は韓国民感情に火に油を注いだ形となり、今後の日韓の溝はさらに深まる火種となりました。

アメリカからすると日韓共に子分にしておきたいのでしょうが、日韓のギクシャクまだまだ続きそうです。


>逃げられない日本人 さま

麻生君が言ったように、今の小浜には力がないのですよね。

アチコチでリップサービスしてるのみ。

麻生君は言うタイミングは悪いけど、ホントの事を言っていますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59521513

この記事へのトラックバック一覧です: 小浜には好きなもの食わしたれ:

« 不気味な深海生物の水揚げ | トップページ | 老後資金について考える »