« ワレワレ庶民には辛い新年度でございます | トップページ | こいつが市議会議員立候補者? »

2014年4月11日 (金)

エネルギーを制する者が世界を制するのか

ヨーロッパを震撼させたプーチン書簡

ロシアのプーチン大統領は、ドイツ等18ケ国に大統領書簡を送り、ウクライナが未払いの22億ドルの天然ガス代金を払わないと、ウクライナ経由でヨーロッパ向けに供給している天然ガス供給を部分的乃至は全面的に停止させるとしています。

このような大統領書簡の内容が明らかになるのは異例とも言え、いま、まさに情報戦真っ盛りと言えますが、中国が、ロシアのヨーロッパ向け天然ガスの受け皿になることが決まり、即、プーチン大統領書簡が発せらていますのでロシア戦略がまさに予定通り進んでいるのがわかります。

ロシアはヨーロッパの天然ガス需要の30%を供給していますが、そのほとんどはウクライナ経由となっており、今回の処置が仮に発動された場合、ヨーロッパは30%の天然ガスを他から調達しなくてはいけなくなり、まさに悪夢となります。

ウクライナは100%ロシアから天然ガスの供給をうけており、これが止まると経済は破綻します。
EUは支援として、ウクライナ向けに天然ガスを供給するとしていますが、今や自分の国のおしりに火がついている中、どの国がウクライナに天然ガスを供給できるでしょうか?

ロシアが西側と同じと思ってエネルギー(天然ガス)の30%をロシアに頼ったヨーロッパの国は、今や何を言いましてもロシアの軍門に下るしかありません。

それでもロシア制裁を強化するとなれば、エネルギー(天然ガス)の30%を失うリスクを国民にどう説明するのでしょうか?

ロシアは2015年1月1日に新しい「帝政ロシア連邦」設立を発表しますが、この中に驚くべき国が入るとも言われており、西側は驚愕することになります。

ウクライナ問題がパンドラの箱を開けたとすれば、今後の世界は大混乱の世界となります。

(Nevada)

ウクライナの問題に端を発したこの問題。

ロシアの独り勝ちでございますな。

884 プーチンの高笑いが聞こえるようでございますな。

ウクライナ未払いの22億ドルの天然ガス料金。

コレをヨーロッパ諸国が肩代わりするのか?

支払うにしても支払わないにしても、ロシアにとって不利な面は一つもないようで、今のご時世であってもエネルギーを制する者が世界を制するんでしょうかね。

グローバル経済の行き着いた先がコレなんでしょうかね。

グローバル経済も程々にしないと自分の首を絞めてしまうって事を、国家やワレワレが自覚する時が来ていると思いますよ。

957 何でも安くなるから安いからって、海外生産したり安い海外商品ばかり追い求めていると、最後は自分の国家の力が無くなって、いざという時には崩れ去るのみ・・・なんて事になりますよ。

その辺のところを企業もワレワレも真剣に考えるべきでしょうね。

« ワレワレ庶民には辛い新年度でございます | トップページ | こいつが市議会議員立候補者? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

EUも恐ロシアに生命線握られていて、もの申しても、無理でガス。

>逃げられない日本人 さま

生きていく上で石油やガス等のエネルギーは必要不可欠です。

ロシアからのエネルギー依存を減らさない限り、ロシアにたて突くことは出来んでしょうな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59450408

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギーを制する者が世界を制するのか:

« ワレワレ庶民には辛い新年度でございます | トップページ | こいつが市議会議員立候補者? »