« 泥沼オボちゃん | トップページ | ありのままの自分を受け入れ認めるのじゃ »

2014年6月19日 (木)

ますます「タンス預金」は重要になってくる

勝ち組引退サラリーマンへの負担増(1割から2割へ)

年金収入280万円以上の<勝ち組年金生活者>への負担増となる法案が成立しており、具体的には2015年8月から、介護サービスを受ける場合、自己負担割合を現在の1割負担から2割負担とすることになっています。

今回の法案成立で、今後この2割負担が3割負担になるのは明らかであり、勝ち組年金生活者への負担強化・課税強化が今後更に進むことになります。

この法案で明らかになりましたのは、高齢者で年収で<280万円超>は高額収入者ということであり、この層への割り増し課税が進むことになります。

お題目は、高額収入者から低額収入者に分け与えるということになり、圧倒的に低額収入者が多い今の社会では、今回のような<勝ち組>層への負担増は受け入れられやすいということになります。

年金生活者の勝ち組は280万円、現役世代の勝ち組は1,000万円(残業代問題で示された年収額)と明確に政府から示されましたが、これが今後どんどん引き下げられ、年金生活者であれば年収200万円以上、現役世代であれば年収700万円~800万円以上は、課税・負担強化となるのは明らかであり、金があるところから金がないところにばらまく政策が今後猛烈な勢いで進むことになります。

遺産?
諦めた方が良い時代が必ずきます。

(Nevada)

>>遺産?

>>諦めた方が良い時代が必ずきます。

遺産ていうより、老後の生活を諦める時代がそこまで来てるって事ですわ。

そうならない為には、阿呆太郎が激怒していたという、ワレワレ庶民の「タンス預金」でございますよね。

阿呆太郎ちゃんがいくら激怒しても、政府自体がやっている事が「「タンス預金奨励政策」」のようなもんでしょ。

「「オマイらの不動産や現預金を吸い上げるぞっ!!」」ってな感じ。

何事につけ給付を下げて負担は引き上げる。

379政府に金がないんだったら、もっと国民の為に知恵を絞って仕事しろよ。

議員も役人もよ!

てめぇの懐を痛ませることなく、他人の金(税金)で仕事してるから1万円の価値が判かんねぇんだろうね。

ワレワレ庶民に出来る唯一の自己防衛政策。

コレ「タンス預金」也。

« 泥沼オボちゃん | トップページ | ありのままの自分を受け入れ認めるのじゃ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

銀行に長期定期で預けて6~8%の利子がついていた時代は、預金も楽しみありましたが、今の金利じゃ、楽しみなし。

引き落としやなんかで必要な金額程度の預金で十分。

タンスに肥やしやる時代ですかね。

かめに、小判ザクザクなんて家もでてくるかも。
わが家はかめに10円玉はよくたまりすが500円玉はたまりません。

>逃げられない日本人 さま

こんばんわ!

今度は携帯電話にも税金かけようかって話が出ているとのこと。

金を巻上げる為には何でもアリになってきました。

公定歩合が6%あった時代では2億円の定期預金があれば利息生活が出来ましたが零金利で不可能になりました。

>高貴なる野蛮人 さま

こんにちわ!

6%は無理だとしても、少しは利息がついてほしいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59840118

この記事へのトラックバック一覧です: ますます「タンス預金」は重要になってくる:

« 泥沼オボちゃん | トップページ | ありのままの自分を受け入れ認めるのじゃ »