« チミは外華内貧のままの人生でいいのか? | トップページ | セブンイレブンのコーヒーがコスパ№1やな »

2014年6月 2日 (月)

ミツバチだってスズメバチ対策ができるのです

「国際法とは相いれない」中国軍に質問集中 強硬姿勢に強い懸念

 シンガポールで1日開かれたアジア安全保障会議では、各国の有識者らから中国人民解放軍の王冠中副総参謀長に質問が集中し、東・南シナ海で強硬姿勢を強めている中国に対して各国が強い懸念や関心を抱いていることが浮き彫りになった。

 約1時間45分にわたった分科会では王氏とロシアのアントノフ国防次官の2人が演説。これを受け質問した19人のうち14人が王氏を指名して、東・南シナ海でのトラブルなどについて見解を問いただした。

 このうちインドの出席者は、中国が南シナ海の大半を自国領と主張して地図上に独自に引いた「九段線」と呼ばれる9本の境界線について「海の上に線を引き自国領と言うのは国際法とは相いれない」と批判した。

 王氏は「南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島や西沙(英語名パラセル)諸島は2千年以上前に中国が発見し管轄下に置いた」などと述べるだけで、法律上の根拠は「時間がない」として示さなかった。

(共同通信)

大国を名乗り「己が法律だ」との思い上がった国家には、小国が集まって大きな力となり対抗していくしかないのでしょう。

まぁ~あの国家も、あれだけの国土にあれだけの人口を抱えていますからねぇ~

規制のかかる前に破壊(汚染)しつくされてしまった土地や湖沼・河川。

そして大気。

経済発展に伴い、去年よりも今年、今年よりも来年と、農村部でも生活水準が上がってきています。

豊かになっていく膨大な人口の人々が消費・爆食の時を迎えているのです。

国民が豊かになる事は決して悪い事ではありません。

しかし、それに見合った経済制度が必要なんでしょね。

それが今のあの国にはあまりない。

今の場所だけでは、いろいろな資源や食糧が豊かになっていく国民を支えきれないのですね。

そこで目を付けるのが国外。

抑えられるところは抑えてしまおうって論理なのでしょう。

11だからまだまだあの国は実力行使しまっせ。

小国の指導者様におかれましては、早いとこ『大国対策の集団』を確固たるものにしておく必要があるでしょう。

スズメバチに対してミツバチが集団になり追い払うだって実際できるのですよね。

« チミは外華内貧のままの人生でいいのか? | トップページ | セブンイレブンのコーヒーがコスパ№1やな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

南方の国々はそら中国に怒って当然です。

話私事になりますけどこちらの送信機の調子が悪く一週間ほど途絶えるかもしれません。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます~

小さな力も集まれば大きな力となるでしょうね。


調子が回復したら、またお付き合いくださいませ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59747274

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチだってスズメバチ対策ができるのです:

« チミは外華内貧のままの人生でいいのか? | トップページ | セブンイレブンのコーヒーがコスパ№1やな »