« チミは生ライチを食したことがあるか? | トップページ | 自由とはなんぞや? »

2014年6月29日 (日)

学生サン、静かすぎではあ~りませんか??

<毎日世論調査>「戦争に巻き込まれる恐れ」71%

 毎日新聞が27、28両日に実施した全国世論調査で、日本が集団的自衛権を行使できるようにした場合、他国の戦争に巻き込まれる恐れがあると思うか聞いたところ、「思う」が71%で、「思わない」の19%を大きく上回った。政府は行使を限定すると説明しているが、範囲が拡大して戦争につながることへの危機感が強いことがうかがえる。【仙石恭】

 集団的自衛権の賛否は前回の5月調査では反対が54%で賛成が39%。政府は7月1日にも行使を容認する閣議決定を行う方針だが、時期が近づくにつれ反対が増え、賛成が減っている。

 政府は集団的自衛権の行使の範囲を「限定的」だと主張している。これについて考え方を尋ねたところ、「そもそも行使すべきではない」が43%で最も多く、「限定した内容にとどめるべきだ」が41%だった。「全面的に行使すべきだ」は7%にとどまった。

 行使に賛成の人のうちでも「限定にとどめるべきだ」と答えた人が74%に上り、「全面的」は20%だった。一方で、行使に反対の人のうち24%の人が「限定にとどめるべきだ」と答え、「そもそも行使すべきではない」とした人は72%だった。

 政府は「限定的」とするが、国連の集団安全保障に基づく武力行使への参加など実際には武力行使の範囲は拡大する。日本が直接攻撃を受けていない段階で武力行使に踏み切れば、相互の武力行使のエスカレートにつながる危険もある。行使に賛成の人の中でも、限定すべきだという意見が多数を占めるのは、戦争への歯止めが利かなくなることへの懸念が強いことが背景にあるとみられる。

 政府・与党の主張する限定の内容が歯止めとなりうるかが問われるが、政府・与党の説明が「不十分だ」とする人は内閣支持層でも71%に上った。集団的自衛権行使に賛成の人のなかでも67%が「不十分だ」と答えた。

 また、集団的自衛権の行使容認を憲法改正ではなく、憲法解釈の変更で対応しようとしていることについては反対が60%、賛成が27%だった。行使に賛成の人のうちでも28%が解釈変更の手法には反対だった。解釈変更という手法に依然抵抗が強いことがうかがえる。【村尾哲】

98ef8bef_2現日本政府は自衛隊から戦える自衛軍に舵を切りました。

戦争に巻き込まれる恐れ71%。

今回の件について、だいたいの人が嫌な感覚を持っているのは事実のようです。

ワタシも戦争とまではいかなくても、紛争の中に自衛隊(日本人)が介入していくのは間違いなさそうな感覚です。

そういった一連の結果は、今でなく、時間が経って歴史が結論を出していくのでしょう。

2525今回の件でワタシが意外に思ったのは、「学生サン、静かすぎではあ~りませんか?」という事なんですよね。

別に学生運動を激しくやれとか言っているんじゃないんですがね。

昔の学生運動の一端を知るワタシとしては、「コレでいいのか?学生サン?」と言いたくもなるんですよね。

静かなるうちに世の中が大きく変わっていきそうで、怖い感じがするのはワタシだけなんでしょうかね。

« チミは生ライチを食したことがあるか? | トップページ | 自由とはなんぞや? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

海外派兵に道が開かれると現地で殺し合いさせられるのは若者たちです。
だからと言ってごろつきが武器片手にのさばろうとしている時に、平和ぼけな理想論ばかり唱えている訳にもいかず、

どうしたものか…。

若者たちはどう思っているのでしょう?


>逃げられない日本人 さま

ホント、
>>どうしたものか
なんですよね。

それをどうしていくのか国民的議論がもっと盛り上がってもよかったのではないか・・と思うんですよ。

もちろん若者もたくさん交えてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59895842

この記事へのトラックバック一覧です: 学生サン、静かすぎではあ~りませんか??:

« チミは生ライチを食したことがあるか? | トップページ | 自由とはなんぞや? »