« 次のステージに移った中国 | トップページ | ますます「タンス預金」は重要になってくる »

2014年6月18日 (水)

泥沼オボちゃん

小保方氏反論「マウスは若山研究室通じて入手」

スタップ

細胞の論文問題で、理化学研究所の

小保方

おぼかた

晴子ユニットリーダーは18日、STAP細胞の作製に用いたとされるマウスはすべて、理研に当時在籍していた若山照彦・山梨大教授の研究室を通じて入手したなどとするコメントを、代理人の三木秀夫弁護士を通じて発表した。

若山氏が16日の記者会見で、作製実験に使われた細胞は自分が提供したマウスではなかったとしたことに対し、反論した。小保方氏は、理研による検証実験に参加したいという意欲も示しているという。

論文では、若山氏が提供したマウスを使って小保方氏がSTAP細胞を作製し、それをもとに若山氏が増殖能力を持たせたSTAP幹細胞を作ったとしていた。反論で、小保方氏は「マウスや細胞は、所属していた研究室(若山研)以外からの入手はない。今後の理研の調査にできる限り協力し、事実関係を明らかにしたい」とした。

(読売新聞)

STAP細胞関連も泥沼化してきましたね。

オボちゃんの意向のように、理研の検証実験に参加させてSTAP細胞を作らせりゃいいだけの事とちゃいますのん?

出来なければそれでお終いでしょ。

それをさせずに外野がゴニョゴニョ・・・・・・。

そんな感じだから理研の存在意義自体が問われるような事になってしまうんですよ。

66a0d6f6s最初から公の場でSTAP細胞を作らせりゃ済んだものをね。

どこかで大きな力が作用してると勘ぐられても仕方ないね。

« 次のステージに移った中国 | トップページ | ますます「タンス預金」は重要になってくる »

独り言」カテゴリの記事

コメント

200回もできたといっているんですから、当人にやらせるのが一番手っ取り早いですよね。

論文取り下げするなら、関係者の特許申請にまつわる利権もすべて取り下げたんでしょうかね。

莫大な金にからむ特許申請との兼ね合いをどうしたか、ほとんどニュースでは取り上げませんね。
とにかく、汚名返上ユニットリーダーとして、再度作っていただきましょうよ。

この局面でひょいと作ったら、小保方氏、理研の理事長にしてあげましょ。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます~

どこかの誰かが保身の為に大ウソをついている。

それが誰なのか?って事でございますよ。

それがオボちゃんなのか、ほかの共著者なのか、理研内部の誰かなのか。

オボちゃんが公の場で実験すれば、結果はすぐに出ますよね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59835899

この記事へのトラックバック一覧です: 泥沼オボちゃん:

« 次のステージに移った中国 | トップページ | ますます「タンス預金」は重要になってくる »