« 素晴らしき友人たち | トップページ | こんな時期なので仕事を一つ増やしました。 »

2014年7月31日 (木)

ワレワレ庶民のせいでもある

日本はどうして「中国産」から離れられないのか―中国メディア

2014年7月28日、新浪財経は、「日本はどうして中国産から離れられないのか」と題する記事を掲載した。

中国最大の食材の輸出相手国である日本は、今般の上海福喜食品の期限切れ肉問題に騒然となり、「福喜」の文字は連日、テレビや新聞をにぎわせた。「中国食品の安全倫理の崩壊」「中国の食品管理の形骸化」が主な論調だ。

日本では2008年にも中国産の冷凍ギョーザに有害成分「メタミドホス」が混入した“毒入りギョーザ事件”が問題となった。今回の騒動を受け、日本の地方紙などでは食材の“脱中国”の論調が高まっているが、一方で主要メディアは「難しい」との見解を示している。日本の中国産への依存度は大きく、日本の食卓には目に見えるものから見えないものまで中国産であふれているからだ。

専門家は、中国は地理的にも近く土地が広大なため、季節を問わず安定して食材を供給できることや人件費が安いことで、日本企業はなかなか中国依存を抜け出せないと指摘する。

日本の食料自給率はわずかに39%で、6割以上を輸入に頼っている。農林水産省の統計によると、中国からの輸入食品は全体の15%を占め、米国(22%)に次いで2番目に多い。ただし、米国からはトウモロコシなどを輸入するのに対し、中国からは肉や野菜といった人々が日常的に口にするものが多い。また、生鮮品や冷凍品、ハムなどの加工品、缶詰製品、海産品などの多くも中国から輸入している。

日本の食糧問題専門家は、「もし本当に“脱中国”になれば、日本の店からほとんどのインスタント食品や冷凍食品が消える。それらには、ほぼ100%中国産が使われている」と指摘している。一方で、これらの食材を大量に輸入することで、現在の物価が保たれているという側面もある。

中国産は日本企業や消費者にとって爆弾のようなもので、いつ、どのような問題が起きるかわからない。日常生活に深く浸透した中国産について、避けたくても避けられない状況にある日本の庶民は、しばらくはこの問題に頭を悩ませることになる。

(Record China)

ニッポンはバブル崩壊後、失なわれた20年とかいって、経済の停滞期を過ごしてきました。

そういった中で、ワレワレ庶民の懐具合は決して良くなるわけでもなく、自己防衛の為に少しでも安いもの安いものを買い求め、彷徨い歩いた訳でございます。

安さを求めて辿り着いた先は「メイド・イン・チャイナ」。

中国生産品でございます。

当時、飲食業界や商社などは、圧倒的に安い人件費であった中国に物品を生産させ、日本国内に輸入して安い食材や物品を流通させる事を選んだのです。

それにワレワレ庶民は飛びついたわけです。

そして、この安い商品たちにワレワレ庶民は慣れきってしまいました。

日本国内で当たり前のように作って、普通にいただきたい価格を「すごく高い!!!」と思わせるまでになってしまったのです。

しか~し!

ワレワレ庶民の皆様!

145696今が転換点でございますよ。

ワレワレ庶民の意識が変われば、日本国内も変わります。

必ず良い方向へ変わります。

それが出来るのは今でございますよ!

今それが出来なければ、今後も失われた10年と続いていくんでしょうね。

アベノミクスにも限界がありそうですぜ。

« 素晴らしき友人たち | トップページ | こんな時期なので仕事を一つ増やしました。 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

粗悪食品が溢れ、飽食にまみれる今の日本、自前の食料を質素にありがたくいただく精神回帰すべき時と思いますよ。

日本人はお百姓さんが精魂込めて作った米一粒、ありがたくいただく精神の国じゃなかったんですかね。

TPPでおかしな条約結んだら、野放しで今以上におかしなものが溢れ並んでしまいます。

自給率39%じゃ、酸素吸入であえいでいる瀕死の重病人と同じです。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ。

グローバル経済の今、低い自給率が低いって事は、致命的でございますよ。

日本のような国家が、他国と紛争でも起こればイチコロです。

貿易が止められるだけでオワリでございますよ。

農産品から工業製品まである程度の国内回帰は必要なんだと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60071954

この記事へのトラックバック一覧です: ワレワレ庶民のせいでもある:

« 素晴らしき友人たち | トップページ | こんな時期なので仕事を一つ増やしました。 »