« 志高き議員サンは少数と思われ・・・・ | トップページ | 休み明けは猛烈な台風に注意!! »

2014年7月 5日 (土)

もう後戻りできないパクパクちゃん

朴大統領“自殺行為”で日米韓連携から脱落寸前 支持率急落で安保犠牲に

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権が日米韓3カ国の連携から脱落寸前となっている。4日に行われた中国の習近平国家主席との昼食会で、日本の憲法解釈見直しについて憂慮を表明したのだ。集団的自衛権の行使容認は、朝鮮半島有事で日本が米国を支援するためには不可欠。韓国がこれに反対することは「韓国を守る米軍に助けは不要」と言っているのに等しい自殺行為だ。朴政権の「親中、反日、離米」外交がより鮮明となった。

 朴、習両氏は4日の昼食会で、慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話の検証について「談話を毀損しようとしている」との懸念で一致。習氏が「来年は抗日戦争勝利と朝鮮半島の『光復』70周年だ」と呼びかけると、朴氏は「韓国でも意味のある行動を準備しようと思う」と応じた。

 ここまでは歴史問題で共闘する「いつもの光景」と言えた。ところが、朴、習両氏が日本の集団的自衛権の行使容認について「平和憲法が守られなくなるのでは。さまざまな国が憂慮を表明している」と共に懸念を示したことは、異例の事態だ。

 韓国外務省や国防省内には、日本が集団的自衛権を行使できれば韓国にとってプラスになるとの声は根強い。米韓両軍と北朝鮮軍が再び戦火を交えた場合、日本の自衛隊が米軍に武器・弾薬を補給したり、周辺海域で警戒・監視活動や臨検に当たったりすることができるようになるからだ。

 そもそも、朴、習両氏は「さまざまな国」が憂慮を表明していると言うが、そんな国は中国と韓国以外に見当たらない。米国やドイツなど欧州各国はもちろんのこと、フィリピン、オーストラリアなどアジア・太平洋地域諸国も安倍首相の決断を歓迎している。

 そんな国際常識すら無視せざるを得ない事情が朴氏にはあった。

 4日に発表された韓国ギャラップの世論調査で、支持率が就任以降最悪の40%にまで下落したのだ。セウォル号事故や首相人事などで窮地に立つ朴氏にとって、いちるの望みが「反日」。自身の政治生命のため、自国の安全保障を犠牲にしたという構図といえる。

 習氏にとって、米国の同盟国・韓国が集団的自衛権の行使容認を批判してくれれば、対中包囲網を突き崩す一手となる。朴氏はこれまで「安保は米国、経済は中国」との外交方針を掲げてきたが、安全保障でも対中すり寄りを行った形で、米国の怒りを買うのは必至だ。

(ZAKZAK)

98ef8befパクパクちゃんも、もう後戻り出来んところまで、中国にすり寄ってしまった感があるね。

この人は韓国の歴史に名を残す事にになるでしょう。

せっかく勝ち取ってきた自由(資本主義)。

何考えてるんだろう??

まぁ~国民が選んだ大統領なんだから、どんな事になっても文句は言えないって事なんでしょうかね。

おっと!それは日本も同じ事か。

安倍川餅独断政権が何をやっても、選んだのはワレワレ国民って事なんですからね。

でも、パクパクちゃん。

赤い国家と同じ行動ができないって事の理解もできないんか???

3a463051

« 志高き議員サンは少数と思われ・・・・ | トップページ | 休み明けは猛烈な台風に注意!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

集団的自衛権行使、日本の助けは絶対にいらないと、オバマさんにちゃんと言っといてもらいたいものです。

しかし民主国家でない中国とはしょせん組めませんよ。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ!

赤い国に絞るだけ絞り取られ、あとはポイ。

数年後の韓ちゃんでございましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/59932823

この記事へのトラックバック一覧です: もう後戻りできないパクパクちゃん:

« 志高き議員サンは少数と思われ・・・・ | トップページ | 休み明けは猛烈な台風に注意!! »