« 韓国ソウルで放射線測定をしてみた | トップページ | スターアライアンス・アシアナ航空の旅 »

2014年7月22日 (火)

ここに正義ってものはあるのか?

ガザ情勢、パレスチナ側の死者500人超

【AFP=時事】

イスラエル軍による攻撃が続くパレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で21日、イスラエル軍が前日に行った空爆で破壊された住宅跡から16人の遺体が新たにみつかった。

イスラエルによる同地区への本格的な攻撃が始まってからのパレスチナ側の死者数は、これまでに501人に上っている。

救急当局によると、16人の遺体は南部のハンユニス(Khan Yunis)の住宅跡から見つかった。

イスラエルによる前日の空爆では、2006年のレバノン侵攻以降、1日としては最多の犠牲者が出ている。

イスラエルによるパレスチナ側への攻撃は熾烈を極めているようです。

教育施設への攻撃。

病院への攻撃。

一般住宅への攻撃。

こういった殺戮行為に正義はあるんか?

ここまで酷い状態なのに、日本ではニュースで少々の時間は割いていても、現状が良く判る報道ではありません。

世界各国では大規模な抗議デモ等が行われていますが、コレもニュースになりません。

日本の報道機関にどこぞの大きな力が入ってるのか???と錯覚させられます。

Twitterなどでリアルタイムの検索をかけてみてくださいよ。

とても正視できない現実・事実を目の当たりにすることができますよ。

女・子供が多数亡くなり、中には頭半分なくした幼い子を抱えた父親の写真も・・・・・・。

こういった殺戮行為に正義はあるんか?

いったん争い(戦争)が起こると、””相手に勝つことだけが正義””になってしまうんでしょうかね。

飛行機の墜落事故だってそう。

相手を批判するだけ。

自分たちに正論があるとお互い言い合ってる。

””相手に勝つことだけが正義””

日本だって、そう遠くない過去に経験してるんでしょ。

痛切な反省の上にたった日本政府ならわかるでしょ。

今、何をすべきなのかを!

« 韓国ソウルで放射線測定をしてみた | トップページ | スターアライアンス・アシアナ航空の旅 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60024002

この記事へのトラックバック一覧です: ここに正義ってものはあるのか?:

« 韓国ソウルで放射線測定をしてみた | トップページ | スターアライアンス・アシアナ航空の旅 »