« スターアライアンス・アシアナ航空の旅 | トップページ | それでもワレワレは安物を追い続けるのか? »

2014年7月22日 (火)

世界標準は通用しない国

期限7カ月過ぎ、カビだらけの肉をファストフード店に供給=作業員「食べても死にはしない」―中国

2014年7月21日、京華時報は、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどの中国の店舗に、大量の変質した食肉加工品が供給されていた問題で、これらの加工品は中国で優先的に使用されていたと伝えている。

問題の供給元は、米OSIグループの子会社・上海福喜食品有限公司。

同社は保存期限の切れた変質した肉類原料を大量に使用し、保存期限シールを貼り替えるなどの偽装工作をしていた。

中には期限が7カ月過ぎ、カビが生えた冷凍品まで扱われていたという。同社の作業員は「期限切れだからと言って、食べても死にはしない」と話していた。

こうした肉で製造されたチキンナゲットやステーキ、ビーフパティなどは、主要なファストフードチェーンに販売されていた。

特に鶏肉加工品は中国に優先的に供給されていたという。

(Record China)

流石中国。

世界レベルのお店でも、この有り様ですか。

まぁ~ワタシは想像してましたけどね。

中国の小さい集落(と言っても日本の市レベル)でも、必ずと言っていいほどマックやケンタッキー、ピザハットのお店はありますよ。

田舎すぎて一般食堂に入るのが怖い時(食あたりが怖い)、マックやケンタッキーに行くんですよ。

一般食堂よりは、ましかなと思ってね。

でも私は肉系は絶対に注文しません。

あまいカスタードパイのような焼き菓子とコーラを注文します。

あとは熱いスープ系。

肉の鮮度がどうしても気になって、マックやケンタッキーでも肉系は注文した事がないのですよ。

やはり注文しなくて良かったっすね。

1f45d88b

« スターアライアンス・アシアナ航空の旅 | トップページ | それでもワレワレは安物を追い続けるのか? »

中国」カテゴリの記事

コメント

マクドナルドは以前も確かアメリカで家畜にやる肉を使っていたとかで話題になりました。

今回もひどいもの提供していましたね。
食材出所のひどさはもちろんですが、安く叩いてこんな相手からでも平気で食材を調達する社風に根深い問題があると思いました。

私も以前からマクドは信用していないので肉系は絶対に食べません。

なにくわされるかわからん店ですからね。

食材は、川で言うと上流でしょ。

川の上流が濁って汚染されていたら川しもは全てアウトです。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます~

何事も上流が汚染されれば、下々のものは被害を被ります。

世の中の出来事のほとんどがそうですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60024915

この記事へのトラックバック一覧です: 世界標準は通用しない国:

« スターアライアンス・アシアナ航空の旅 | トップページ | それでもワレワレは安物を追い続けるのか? »