« 環太平洋付近で大きな地震が多発している | トップページ | パチンコの換金「まったく存じあげないこと」 警察庁の主張??? »

2014年8月26日 (火)

極小企業の立場から言わせてもらおう

人手不足ではなく、人材育成を怠ったツケだ!

かつて人材余剰に苦しんだデフレ下とは一変し、労働力不足が企業活動に深刻な影響を与えています。ただし、単純に人口減が原因とはいえない。どういうことか……について考えてみます。

「人手不足で倒産する中小企業が増え始めた」という記事が、8月23日付けの読売新聞に掲載されていました。記事には、「職人を探してあちこちに声をかけたが、まったく集まらなかった」として、この5月、会社の清算を決めて全事業を停止した、長野県の建設会社社長の声が紹介されていました。東京商工リサーチの集計では、今年上期に人手不足が原因で倒産した企業は137社で、前年同期に比べ22社増えたとあります。

このままの状態が続けば、労働力不足が景気回復のボトルネックになる可能性もあります。なぜ、このような事態に陥ったのか。指摘されているのが、労働人口の減少です。内閣府は2014年3月12日、2060年に向けた長期の労働力人口予測をまとめました。それによると、約50年で1170万人、労働人口が減るという結果が出ています。

たしかに、労働人口の減少が労働力不足に与える影響は大きいでしょう。しかし、企業は、もっと別の視点から、この問題をとらえるべきではないでしょうか。じつは、そう思っていたところ、一橋大学大学院商学研究科教授の守島基博氏による「人手不足より深刻な人材不足の危機」という論文が、雑誌『プレジデント』(2014.9.15)の「ビジネススクール流知的武装講座」に掲載されていました。

守島氏は、「人材不足とは、単に人手が足りないという数的不足だけを意味するのではない。必要な場面で必要なスキルとモチベーションを備えた人材を確保できない、という質の問題である」と述べています。もう、おっしゃる通りですよ。

労働力不足への対応策として、すでに取り組まれているのが外国人人材です。ロボットやICTの活用にも期待がかかります。ただし、守島氏が指摘するように、「数的不足」を補うだけでは、この問題を解決することはできないと思います。問われているのは、単なる“数合わせ”ではないのです。

あらためて指摘するまでもないことですが、日本企業はこれまで長期雇用を前提に内部で人材を育ててきました。新卒採用した人材を一人前に育て上げるには、膨大な時間と費用がかかりますが、日本企業にはその余裕がありました。そして、高いスキルとプロフェッショナル意識をもった人材を育て、技術大国を築き上げてきました。じつのところ、それが日本の強みでしたよね。

ところが、バブル崩壊後、日本経済が長期停滞期を迎えると、企業は余裕をなくし、人材への投資を怠りました。それどころか、「失われた20年」を過ごすなかで、リストラに明け暮れ、働く人のモチベーションを下げてきました。

いま、企業は、人手不足を嘆くのではなく、人事管理を怠ったツケを反省すべきなのではないか。いま一度、強調しますが、日本企業の強さの源泉は、いうまでもなく人にあります。ところが、日本企業はその競争力の大元をないがしろにした。そのツケは大きいと思いますね。

人手不足を少子高齢化のせいにするのは簡単です。でも、それでは問題の本質から顔をそむけることになります。いまこそ、企業は人手不足ではなく、人材不足に正面から向き合うべきだと思うのです。いかがでしょうか。

(BLOGOS)

上記のコメントはもっともなんですよ。

ただし、中小企業の現場を知らない人にとってはね。

バブル崩壊後の「失われた20年」と言われた時代を、ワタシの会社のような極小企業は、「絞り切った雑巾を、さらに力を入れて、一滴の水を垂らすような努力をして、現在に至っている」訳です。

極端な経費削減、限界を超えた資金繰り対策、皆で我慢した給与削減、営業努力等々をしてきたのです。

会社が逝ってしまえば、小さいながらも、そこで働く従業員やその家族を路頭に迷わせる事になりますからね。

その時に、人材育成にお金を回していたら、会社は逝っていたでしょうね。

即戦力のみが体力のギリギリのところで働いて、会社に残った少ないお金を皆で給料として分配していた感じですわ。

今の人材不足と言われる現象は、企業だけの問題ではなく、国家としての舵取りに問題があって「失なわれた20年」となっているとも言えるのではないのでしょうかね。

842

« 環太平洋付近で大きな地震が多発している | トップページ | パチンコの換金「まったく存じあげないこと」 警察庁の主張??? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

人材育成といっても、余裕がなければできませんよね。

人手不足、人材不足、ほんとかな?よくわかりません。

人手不足というけど、安い時間給で非常勤、パートでまかない使い捨て、正社員はぬくぬくという大手企業。しかし実態は、安い報酬で非常勤、パートが 活躍してくれないと正社員がぬくぬく暮らせない企業。

仕事に見合ったキチンとした給料で非常勤、パートに働いてもらっていたら忠誠心も芽生えようというもの。

使い捨て見え見えの企業に忠誠心などわくわけがない。

条件の少しでもいいところがあれば、やめることなど全く躊躇ない。

大手雇用側がこれでは、雇われる方だって、心ここにあらず。しばしの腰掛けとなる。

大手企業は内部留保が莫大にある。同一労働、同一賃金を基本にした雇用に心がければ、人は必ず集まる。

また人材不足というけれど65歳以上でも、体力も働くには十分、技術力も高い、そんな人がわんかさいるのに、平気で切り捨て、それで一方では人材不足、人材不足という。

人手不足→社内でのつりあいのとれた報酬の提示があれば、人手はあつまる。

人材不足→市井優れた人材はわんさかいる。ただ雇用者側がそんな人材を真剣に求めないだけだ。

むしろ煙たくて排除の心理が働いているのではないかと思う。
人手不足、人材不足…だれが言い出したのか…? 大学教授の論文もいい加減なもんだと思いますね。

明日が乗り切れるかどうかというような零細企業は、人材育成どうのこうのなんて次元ではなく、沈没しないよう、そこをくぐり抜けることに日々全力投球するしかないのでしょう。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます~

色々なところで大企業と中小企業(極小企業)との乖離が感じられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60212322

この記事へのトラックバック一覧です: 極小企業の立場から言わせてもらおう:

« 環太平洋付近で大きな地震が多発している | トップページ | パチンコの換金「まったく存じあげないこと」 警察庁の主張??? »