« 手抜き除染なんて初めっから分かりきっている事だろう | トップページ | 極小企業の立場から言わせてもらおう »

2014年8月25日 (月)

環太平洋付近で大きな地震が多発している

チリでM6.4の地震、津波の恐れなし

【AFP=時事】

米地質調査所(US Geological Survey、USGS)によると、現地時間23日午後6時32分(日本時間24日午前7時32分)ごろ、チリの首都サンティアゴ(Santiago)の北西約108キロを震源とするマグニチュード(M)6.4の地震が発生した。

震源の深さは35キロ。現時点で死者など深刻な被害の報告は入っていない。

米加州でM6.0=3人重傷、建物損壊も

【ロサンゼルス時事】

米地質調査所(USGS)によると、カリフォルニア州サンフランシスコ周辺で24日午前3時20分(日本時間同日午後7時20分)ごろ、マグニチュード(M)6.0の地震があった。地元メディアによると、子供を含む少なくとも3人が重傷を負ったほか、数十人が切り傷などのけがで手当てを受けた。

 震源地は同州ナパの南南西9キロの内陸部で、震源の深さは10.8キロ。サンフランシスコで観測された地震としては、1989年の大地震以降で最大規模という。

 地元メディアによると、サンフランシスコ周辺の広い地域で強い揺れが確認され、数万世帯が停電。ナパでは19世紀に建てられた歴史的建造物などが損壊したほか、火災も相次いだ。道路が寸断されるなどの被害も出ている。

 

ペルー南部でM7.0の地震=米地質調査所

 

[ワシントン 24日 ロイター]

- 米地質調査所(USGS)によると、ペルー南部で24日、マグニチュード7.0の地震が発生した。プキオの東北東38マイル(61キロ)の地点。時間は2321GMT(日本時間25日午前8時21分)で、震源の深さは36.6マイル(58.9キロ)。

USGSは当初マグニチュード6.9と発表していた。今のところ損害や負傷者の情報は入っていない。

Bv122tqciaavfaq環太平洋付近において、大きな地震が多発しています。

日本でも昨日・・

24日17時27分頃地震がありました。
震源地は茨城県南部で、震源の深さは約80km、地震の規模(マグニチュード)は4.3と推定されます。

最大震度4。

現時点で環太平洋において、大地震の発生しやすい場所は、間違いなくニッポンでございます。

特にこの数日、この環太平洋の地震多発傾向の流れで、日本周辺でも大きな地震が発生しやすい環境下にあります。

ワレワレも対岸の火事の感覚ではなく、少々の関心を持っておいてもいいかと思いますよ。

「備えあれば憂いなしでございます。」

« 手抜き除染なんて初めっから分かりきっている事だろう | トップページ | 極小企業の立場から言わせてもらおう »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

日本だけで見ずに、こうやって世界的視野から見ることも大事ですね。
確かに太平洋の周りは地震だらけですね。

>逃げられない日本人 さま

昨日から大阪湾で群発地震の傾向があります。

何事なければよいのですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60206360

この記事へのトラックバック一覧です: 環太平洋付近で大きな地震が多発している:

« 手抜き除染なんて初めっから分かりきっている事だろう | トップページ | 極小企業の立場から言わせてもらおう »