« どうせ真っ黒けの「吉田調書」やろ | トップページ | 環太平洋付近で大きな地震が多発している »

2014年8月25日 (月)

手抜き除染なんて初めっから分かりきっている事だろう

福島の工事関係者が告発「手抜き除染を行い復興費が消えた」

 予算は4年で1兆4000億円──。今、福島県を中心に莫大な税金が投入されて除染作業が進められている。住宅の屋根や壁、道路の舗装の表面を高圧洗浄したり、表面の土を削ったりして放射線量を下げることが目的だ。ところが今回、本誌は作業を請け負う業者が「手抜き除染」を行なっているという情報を得た。

 問題になっている工区は福島・郡山市の中心部から数キロ南の住宅地や農地が広がる地域。郡山市が発注し、中堅ゼネコンが元請けとして受注、昨年末から今夏にかけて下請け業者が実際の作業を行なっていた。工事関係者が告発する。

「市の発注内容は『放射線量を半分以下にする』というものだった。線量を測りながら作業し、たとえば毎時0.5マイクロシーベルトの場所であれば、0.25マイクロシーベルト以下に落とせば作業完了。

 だが、工事が始まると元請けゼネコンが下請けに“線量が半分以下にならなくても、土の表面を5cm削るだけでいい”と指示した。線量が高い地域では5cmでは足りないのだが、それ以上表面を削ると労力も時間もかかるので、手抜きを指示したのだろう」

 さらにこのゼネコンは“線量がそれほど高くない舗装道路は高圧洗浄などの作業をしなくていい”とも指示したという。

 元請けゼネコンは市から一定金額で受注しているため、下請けの作業を減らせば工賃の支払いが減り、利益が増すという目論見だったのだろう。

 当該ゼネコンに尋ねると、「お盆休みのために担当者が不在」と回答を得られなかった。発注者である郡山市役所生活環境部の担当者は、「そうした手抜きの実態は把握していない。指定された場所を除染していなかったとすれば契約違反」という。

 早急な調査が待たれる。

※週刊ポスト2014年8月29日号

ゼネコンなんて、元請があって、めんどくさい仕事や大変な仕事は二次受け、孫請け、そしてその先へ・・・・・。

そんな事、当たり前に行われるモン(システム)でしょ。

そういったシステムの下で、今回の手抜き除染なんて事は、普通に行われてもおかしくないでしょうな。

中には真面目な業者サンもある事でしょう。(・・と書いておく)

以前、ワタシの会社でも、やや大きな建物の石関係の納品をした事があります。

元請からしたら、業者のうちに入らないレベルの納品業者ですわ。

476まぁ、元請、二次受けレベルの親方の酷いこと。

ワタシら人間でないっすからね、犬猫と同じ。

指定された時間に行っても、「お前ら邪魔だぁ!あっち行け!!」

呼ばれるまで待っていたら、「なにモサモサしてんだよぉ!はやくこっちに下しとけぇ!!」

・・ってな感じですわ。

そういった関係の仕事は、金輪際お断りしていますわ。

そういった完全な縦社会の下での末端業者が、指示を守ったり、まともな仕事をしますかねぇ~

« どうせ真っ黒けの「吉田調書」やろ | トップページ | 環太平洋付近で大きな地震が多発している »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

まだ収まってないのに除染なんて本来無理じゃないでしょうか?

たとえその場しのぎで少し取れたからと いって、右のものを左に持っていくだけでババ抜きと同じです。

凍土壁もうまくいきそうにないらしい雲行きです。凍土壁なんて我々素人が考えても無駄でしょう。
原発対策をいいことにメチャクチャな巨額の投入をしています。

それに群がる連中。

つけは全て国民に…ですか…。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ。

原発事故処理の経験がないだけに、メチャクチャな対応が続きますよね。

そうしてるうちにニッポンは・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60206006

この記事へのトラックバック一覧です: 手抜き除染なんて初めっから分かりきっている事だろう:

« どうせ真っ黒けの「吉田調書」やろ | トップページ | 環太平洋付近で大きな地震が多発している »