« 自然石の船石を納品してきまスタ | トップページ | 素人が御大臣になるご時世か・・・・・ »

2014年10月19日 (日)

これぞ忘己利他の精神也

エボラ熱感染生存者が幼児を世話

【ニューヨーク共同】

国連児童基金(ユニセフ)で危機管理の広報担当を務めるクロウ氏が17日、国連本部で記者会見し、エボラ出血熱に感染し生き延びた人々に研修を受けさせ、感染が疑われる幼児らの世話役を務めてもらう取り組みを始めると述べた。

一度感染した人の体内にはエボラ熱ウイルスへの免疫ができることを踏まえたもので、リベリアとシエラレオネで数十人が既に研修を受けたという。

感染家族の幼児は潜伏期間、隔離される。免疫のある生存者たちはこの間、感染を恐れることなく、幼児の世話に当たることができるとして、クロウ氏は「非常に強力な(人的)資源だ」と述べた。

70c36a09この考え方は素晴らしいと思いますね。

頭が下がります。

これぞ忘己利他の精神也。

出来れば、こういった取り組みを始めるのが「国境なき医師団」あたりだったら完璧なんですがね。

上記団体は時々・・・・・・・でございますからねぇ~

いずれにせよ、エボラ出血熱終息の為に頑張っていただきたいところです。

« 自然石の船石を納品してきまスタ | トップページ | 素人が御大臣になるご時世か・・・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

本当に2度は感染しないんでしょうかね?

2度感染しないならワクチン直ぐに作れそうに思います。

まだ情報が少ないのでさっぱりわかりませんが、菌を死滅させるには、何度で死滅するんでしょう?
酸性などの濃度によっては殺菌になるんでしょうか?

抗生物質は効かないんでしょうか?

菌が皮膚に付着して何秒?何分?何時間?で感染してしまうんでしょうか?

など知りたいところです。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ。

大きな問題なんですが、正確な情報が伝わってこないですね。

政府が犬HKの時間を割いてでも、エボラ出血熱に関する正しい知識などを伝えてもいいかと思いますけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60508935

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ忘己利他の精神也:

« 自然石の船石を納品してきまスタ | トップページ | 素人が御大臣になるご時世か・・・・・ »